RADWIMPS、学生たちによる“ニューアルバム宣伝会議”にサプライズ登場!

RADWIMPS、学生たちによる“ニューアルバム宣伝会議”にサプライズ登場!

FM802でオンエア中の夜のワイド番組『ROCK KIDS 802』内で、RADWIMPS学生プロモーターを募集。“RAD KIDS GENERATOR”と名付けられた約80名のメンバーの役割は、学校で、サークルで、クラブで、大切な人にRADWIMPSを伝えること。その思いを実現するためのプロモーターミーティングが、12月11日、大阪・放送芸術学院専門学校で実施された。

FM802のほど近くにある放送芸術学院専門学校にはこの日、翌日に発売を控えたRADWIMPSのアルバム『ANTI ANTI GENERATION』を広めるべく、FM802の番組『ROCK KIDS 802』に企画を持ち寄った中学生、高校生、大学生などの学生プロモーター“RAD KIDS GENERATOR”が集まっていた。

18時になると番組DJの落合健太郎が登場し、事前に学生たちから番組に届いた“RADWIMPSのアルバムを広める方法”をプロジェクターに映しながら紹介。

「校内放送をRADWIMPSの楽曲でジャックする」「学生食堂でRADWIMPSとのコラボメニューを考案する」といった学生ならではのアイデアもあれば、「地下鉄の車内広告をすべてRADWIMPSに」といった地域を巻き込んだ案も飛び出した。

参加者の話を聞きながら進行する落合が「アルバムをプロモーションするために、具体的にどういったことをすればいいのか、東京のレコード会社から来ていただいたプロのプロモーターさんに実際に聞いてみよう!」と切り出すと、なんとそこに登場したのはRADWIMPSのメンバーたち!

それまで真剣に聞き入っていた学生たちは興奮のあまり大歓声を上げ、なかには抱き合って涙する参加者も。3人は「大阪まで来たよ~! みんな学食使うってことは、給食じゃないんだね」(野田洋次郎/vo)、「俺は弁当だったなぁ」(武田祐介/b)と、参加者たちとのコミュニケーションを楽しんだ。

途中、RADWIMPSと学生たちが互いに質問を交わすひと幕があり、RADWIMPSからは「何がきっかけでRADWIMPSを知ったの?」(桑原 彰/g)、「将来の夢は?」(野田)といった質問が参加者に投げかけられた。ミュージシャンやラジオパーソナリティをめざす学生たちが、震える声でその志を伝えると、メンバーたちは「力強い味方だ。僕らにとっての励みにもなります」(武田)などと鼓舞した。

野田は「今、中学生のみんなは知らないかもしれないけど、デビュー当時(約13年前)の僕らはほとんどメディアに出なかったから、聴いて好きになってくれたひとが、学校やそれぞれの場所で広げてくれた。昔も今もそれがいちばんのプロモーションだから、まずは明日発売のアルバムを聴いて、自分のものにしてほしいです」と締めくくった。そして、この後、生放送を控える落合の番組への生出演を宣言し、参加者全員との記念写真のあと、メンバーたちはその場をあとにした。

最後に落合が「これで終わりじゃなく今日をスタートにして、アルバムを広めていきましょう!」と挨拶し、イベントが終了。緊張が解けた学生たちが頬を赤らめ、目を輝かせながら帰路に着く姿は眩しかった。

TEXT BY 河嶋奈津実(FM802 DJ) PHOTO BY 渡邉一生

番組情報

FM802『ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!-』
毎週月曜~木曜 21:00~23:48
DJ:落合健太郎

リリース情報

2018.12.12 ON SALE
RADWIMPS ALBUM『ANTI ANTI GENERATION』


2018.12.12 ON SALE
RADWIMPS DVD&Blu-ray『Road to Catharsis Tour 2018』


RADWIMPS オフィシャルサイト
http://radwimps.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC