オダギリジョーが劇伴を作曲! 映画『宵闇真珠』、幻想的な本編映像解禁

オダギリジョーが劇伴を作曲! 映画『宵闇真珠』、幻想的な本編映像解禁

12月15日(土)に公開される映画『宵闇真珠(よいやみしんじゅ)』の本編映像の一部が解禁された。

本作は、『ブエノスアイレス』など傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル監督(共同監督:ジェニー・シュン)の最新作。香港の片隅にある漁村を舞台に村を訪れた異邦人(オダギリジョー)との出会いにより、世界を知る少女(アンジェラ・ユン)の物語。

今回解禁となった映像は、村のみんなから幽霊扱いされ避けられている少女が、初めて自分の存在を認めてくれる異邦人の男と出会う重要なシーン。オダギリジョー自らが作曲した音楽(曲名「JellyfishSyndrome」)が二人の世界を優しく包む、幻想的なシーンとなっている。

オダギリジョーは、「クリス(クリストファー・ドイル)と飲んでる時に、“最近作った曲なんだよ”って聞かせたんじゃないですかね? 気に入ってくれて、“使っていいか?”、“いいよ、いいよ”って感じだったんだと思います(笑)。クリスとは監督と俳優という関係に限らず、音楽や絵や写真や、お互いの作品を認め合えたから、今の関係があるんだと思います。」と、自らが作曲した音楽が起用された過程について明かした。また、映像後半の鏡の前でのシーンについてアンジェラ・ユンは、「そこではセリフが無いんですけど、照明の色が変わっていく。それが二人の心の変化をリアルに描いていて、とても良かったと思います」とコメントしている。世界的撮影監督のクリストファー・ドイルにより緻密に計算された撮影、オダギリジョーにより作られた幻想的な音楽の見事な調和から生まれた映像は必見だ。

【STORY】
陽に当たることのできない少女、どこからともなくやってきた異邦の男。
それは、本当の居場所、本当の自分に気づかせてくれた唯一無二の出会い。
香港最後の漁村、珠明村。幼少時から日光にあたるとやせ細って死んでしまう病気だと言い聞かせられ、太陽から肌を隠して生活する16歳の少女は、透き通るような白い肌の持ち主。村人たちからは「幽霊」と呼ばれ、気味悪がられている。日没後、肌を露出し、お気に入りの音楽をお気に入りの場所で楽しむことが、少女にとって唯一孤独を癒やす手段だった。ある日、どこからともなくやってきた異邦の男と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていくことになるのだが……。

作品情報

『宵闇真珠』
12月15日(土)、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
出演:オダギリジョー アンジェラ・ユン 
監督:ジェニー・シュン 
監督&撮影:クリストファー・ドイル
原題:白色女孩 
英題:THE WHITE GIRL
配給:キノフィルムズ
©Pica Pica Media   

オフィシャルサイト
https://yoiyami-shinju.com/