バスケ練習風景にオフショットも! 映画『春待つ僕ら』より、北村匠海、小関裕太ら特別映像公開

バスケ練習風景にオフショットも! 映画『春待つ僕ら』より、北村匠海、小関裕太ら特別映像公開

青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、映画『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組み、あなしん原作の同名人気コミックを土屋太鳳主演に迎えて実写映画化した『春待つ僕ら』が12月14日(金)に公開となる。この度、撮影前の練習風景や、オフショットが収められた特別映像が到着した。

何をするのもひとり。そんな“ぼっち女子”美月(土屋)の運命を変えたのは、バスケに真剣で、仲間を大事にする4人のバスケ部の男子との出会いだった。バスケ部男子を演じるのは、浅倉永久役の北村匠海、若宮恭介役の磯村勇斗、多田竜二役の杉野遥亮、宮本瑠衣役の稲葉 友。

クランクインの数ヶ月前から、バスケ漬けの日々は始まり、北村は「バスケの練習をみんなとしていたので、ずっと部活をやってきた風景を撮られてるって感覚の方が強かったですね」と部活動のようだったと明かす。バスケの練習だけでなく、特に4人は、常に一緒にいる仲間の空気を出すために極力4人で集まり、練習後は食事に行ったりなど、時間を共有したという。そのチームワークは到着した映像でも垣間見ることができる。

そんなバスケ経験者の4人とは異なり、アメリカ帰りの天才バスケ選手の神山亜哉を演じた小関裕太は、バスケ未経験。プレーだけでなく、天才バスケ選手としての気持ちの余裕を演技で表現することにも苦労したと振り返る。しかし、到着した映像で、平川監督の「亜哉はお前の中にいればいい」という一言で、小関が亜哉というキャラクターを掴んだ瞬間も捉えている。

【STORY】
ずっと周囲に溶け込めず一人ぼっちだった美月は、高校入学を機に自分を変えて本当の友達を作り“脱ぼっち”を目指すもうまくいかない。そんなとき偶然バイト先で出会った、学校でも有名なバスケ部のイケメン四天王(永久、恭介、竜二、瑠衣)。突然イケメンたちに気に入られ、振り回され始める美月の日常。そんなある日、美月はアメリカ帰りで有名高校バスケ選手の小学校時代の幼なじみ・亜哉に再会。美月の新生活はどうなってしまうのか―!?そして恋の行方は??

作品情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金) 全国ロードショー

監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳、北村匠海、小関裕太、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉 友 泉 里香 佐生 雪 緒川たまき ほか
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
給:ワーナー・ブラザース映画
©あなしん/講談社 ©2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会
オフィシャルサイト
harumatsumovie.jp

春待つ僕ら』原作