『宇宙戦艦ヤマト2202』第十二話「驚異の白色彗星帝国・ヤマト強行突破!」あらすじ&場面カットが解禁

『宇宙戦艦ヤマト2202』第十二話「驚異の白色彗星帝国・ヤマト強行突破!」あらすじ&場面カットが解禁

10月よりテレビ東京ほかにて放送されている、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』TVシリーズ第十二話「驚異の白色彗星帝国・ヤマト強行突破!」(12月21日(金)放送)のあらすじ、場面カットが公開された。

第十二話では、スパイの疑念が広がるヤマトの前に、突如白色彗星が姿を現す。

【第十二話あらすじ】
先の戦闘で敵に位置が筒抜けだったことから、ヤマトにスパイがいるのではという疑念が広がっていた。キーマンと透子の挙動を不審に感じていた山本 玲は、透子にカマを掛けるのだが……。その時、白色彗星が突如としてワープを敢行。あまりにも巨大な姿をヤマトの眼前に現し、荒れ狂う白色の渦の中に艦を呑み込もうとする。

第十二話場面カット

【STORY】
時に西暦2202年。 あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年──。〈コスモリバースシステム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、ガミラス帝国とも和平条約を締結。復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか? 宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。 いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた――。

作品情報

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(TVシリーズ)

【放送局・配信】
テレビ東京 毎週金曜深夜1時23分~
テレビ大阪 毎週金曜深夜2時10分~
テレビ愛知 毎週金曜深夜2時05分~
各配信サイトにて、毎週土曜12時より順次配信

【STAFF】
製作総指揮:西﨑彰司
原作:西﨑義展
監督:羽原信義
シリーズ構成:福井晴敏
副監督:小林誠
キャラクターデザイン:結城信輝
音楽:宮川彬良・宮川泰
アニメーション制作:XEBEC
製作:宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

【CAST】
古代 進:小野大輔
森 雪:桑島法子
島 大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠
キーマン:神谷浩史
サーベラー:甲斐田裕子
ズォーダー:手塚秀彰
テレサ:神田沙也加
沖田十三:菅生隆之

©西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(TVシリーズ)オフシャルサイト
http://yamato2202.net/tv/index.html