宇野実彩子(AAA)、年内ラストライブで感極まり涙。 渾身のバラード「ヨルソラ」配信決定も

宇野実彩子(AAA)、年内ラストライブで感極まり涙。 渾身のバラード「ヨルソラ」配信決定も

2年連続となる4大ドームツアーを成功させるなど、グループとしても大飛躍の年となったAAAの宇野実彩子(AAA)。今年2月にシングル「どうして恋してこんな」でソロデビューを果たし、10月からは自身初となるソロツアー『UNO MISAKO LIVE TOUR 2018-2019 “First love”』を開催。昨日大阪・フェスティバルホールにて年内ラストとなるライブが開催され、宇野はアンコールのMCで今年1年を振り返り、感極まって涙した。

「ときどき自分でも受け止められないくらい幸せな瞬間があって、今日なぜか爆発しました。本当にいま自分だけで歩いてる道じゃなくて、こうやっていろんな人たちと出会いながら、確実にいろんな思い出を残しながら、もう二度とない時間を過ごしてるという、みんなの時間も限られてるわけで、みんなにとって大事な時間を私に会いに来てくれてるというのは、本当にうれしいし、そんな時間を絶対に無駄にしたくないと思うし。本当に今日は感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

さらに、ツアーで披露されている曲の中で話題となっている、切なくも儚い、渾身のバラード「ヨルソラ」が来年1月7日(月)から配信リリースされることが発表。ライブに来た多くのファンからリリースを望む声があり、配信リリースが決定したという。

「ヨルソラ」について宇野は、「夜の東京タワーを眺めたときに鮮明に、ある切ない思い出が夜空に浮かぶように甦ってきて、それを歌にしました」とコメント。今作も宇野自身が作詞を手がけ、ソロとしては初のラブバラードとなる。

彼女から生まれる繊細で優しい言葉たちが、美しいメロディとハーモニーとともに響き渡る。ボーカリストとして想い入れが非常に強いという本作は、この冬必聴だ。

また、初のソロツアー『UNO MISAKO LIVE TOUR 2018-2019 “First love”』を記念し、全国6ヵ所14公演の『UNO MISAKO FUNCLUB EVENT 2019 “First love ~epilogue~”』の開催が決定。『UNO MISAKO LIVE TOUR 2018-2019 “First love”』の最終章として、ツアーまでの道のり、裏側やツアーに秘めた思いなど、ここでしか語れないエピソードとともに、ファンと特別な時間となるようなイベントを企画しているという。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

リリース情報

2018.10.03 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ララバイ feat. 宇野実彩子(AAA)」


2018.10.08 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Lock on」


2018.10.15 ON SALE
DIGITAL SINGLE「#one_love_pop」


2019.01.08 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ヨルソラ」
※1月7日(月)iTunes先行

ライブ情報

UNO MISAKO LIVE TOUR 2018-2019“First Love”<追加公演>
2019年
01/13(日) 大阪・グランキューブ大阪
01/30(水) 東京・中野サンプラザ
02/01(金)広島・JMSアステールプラザ 大ホール
02/03(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
02/06(水)・07(木)東京・NHKホール


AAA オフィシャルサイト
https://avex.jp/aaa/
宇野実彩子 オフィシャルサイト
https://avex.jp/uno/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC