映画『アクアマン』日本オリジナル本予告編映像がついに完成!

映画『アクアマン』日本オリジナル本予告編映像がついに完成!

2019年2月8日(金)に日本公開される、映画『アクアマン』の日本オリジナル 本予告編映像が解禁された。

本作は、ド派手とド迫力を追求し、カーアクションシリーズの最大ヒットを記録したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督の最新作。12月21日の全米公開に先駆けて先週から公開されたイギリス、ブラジル、ロシア、メキシコなど42ヶ国で初登場1位を獲得。中国でもオープニング興収9360 万ドル(=105億7680円/1ドル=113円)をたたき出し、ケタ違いのモンスター級特大ヒットを記録している。

完成した映像では、地上へと攻めてくる見たこともない巨大な海と最強の海底軍に、アクアマンがやむなく立ち上がり、強大な敵に挑む姿が描かれる。時速160キロで海中を駆け巡り、海の生物すべてを操る規格外の能力を携えるアクアマン。未知のテクノロジーを備えるアトランティス帝国はとの人類未体験のド派手で壮大な海中バトルが勃発! 海の中で自由自在に戦う“アクアマン”以外にも、アクアマンと行動を共にし、水を意のままに操りものすごいパワーを発揮する美しい女性“メラ”、宇宙船のような未知の海中戦艦、全貌が見えない巨大すぎる海底武装モンスターの姿など、ジェームズ・ワン監督は「これまでの映画で誰も目にしたことがない、まったく新しい水面下の世界だ」と自信を覗かせる。果たしてアクアマンは、アトランティス帝国の人類征服を止める事ができるのか!?

公開を待ち焦がれている人たちの期待が最高潮に膨れ上がる中、今週末には40か国以上で公開を控えている本作。12月21日からはUS公開と『アクアマン』がぶちかます、さらなる記録に期待が膨らむ。

【STORY】
人間として育てられた、海底王国アトランティスの末裔にして、サメをはじめ海の生物すべてを従えて戦うことができる男、アクアマン。地上を超える未知の文明をもったアトランティス帝国が、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは――地上か、それとも海か。

作品情報

映画『アクアマン』
2019 年2月8日(金) 3D/4D/IMAX® 同時公開

監督:ジェームズ・ワン
キャスト:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン
配給:ワーナー・ブラザース映画 
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/