映画『愛唄 -約束のナクヒト-』イメージポスター&主題歌「約束 × No title」コラボMVが解禁

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』イメージポスター&主題歌「約束 × No title」コラボMVが解禁

2019年1月25日(金)に全国公開される映画『愛唄-約束のナクヒト-』のイメージポスターと、GReeeeNが書き下ろした本作の主題歌「約束 × No title」」を使用したコラボMVが解禁された。

本作は、2017年、わずか157館ながら14.9億の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、実話エピソードをもとに、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化した作品。主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が出演する。

脚本、音楽、主題歌を手がけるGReeeeNが、本作の主人公トオルと、ヒロイン凪の目線で書き下ろした、主題歌「約束 × No title」」。トオルと凪を中心に構成されたコラボMVは、主題歌と本編の映像がシンクロし、トオルたちの生きているきらめいた日々や表情、“大切な人、今大切にしよう 二度とない今日この日を”というメッセージを強く印象づける。前半部分は画面を半分に切ることで、二人が出会う前までの満たされない心を表している。

このコラボMVは、Mr.BIGのPVなども手掛ける、ハリウッドで活躍中の日本人ディレクター・芳賀弘之、そして編集を内田 尭が担当している。曲自体がもつ物語性を最大限に引き出し、かつ映画予告編とは視点の違う構築を目指し、映画本編を全く別の次元で捉えられる海外チームでの制作を検討。「バトル・オブ・スカイアーク」の映像美に惚れ込み、撮影監督が日本人と知り、芳賀へディレクションをオファーした。「この曲を聴いて、ハリウッド的な独特の感性で構築したい、と思った時に、SFからドラマ、PVやコマーシャルなど、幅広い視点から観れる芳賀氏しかいない、と。」と宣伝プロデューサー・徳安慶憲は語る。ハリウッド的な感性で「約束 × No title」と『愛唄 -約束のナクヒト-』の世界観をダイナミックに構築し、GReeeeNの真っ直ぐなメッセージを情感たっぷりに制作することに成功した。

また、イメージポスターでは、本作の世界観をファンタジックに表現。先に公開されている映画ポスターとは打って変わって幻想的な夕凪に佇む三人のキャラクター。物語の鍵を握る“詩”の書かれた紙が空を舞い、ヒロインの凪(清原)が、作中で主人公トオル(横浜)に教えるキモチの公式が宙に浮かぶ。

 

【STORY】
その唄は、僕らの運命から溢れ出た――
「私の手、握ってくれてありがとう」まっすぐに“今”を駆け抜ける、恋の青春物語。

恋する勇気を持てないまま大人になってしまったトオルに起きた、二つの出会い。元バンドマンの旧友・龍也との再会、そして運命を変える詩との偶然の出会いにより、恋というものに生涯をかけて全力で駆けることになる。今まで手をつなぐことさえしてこなかったが、龍也の声に恋する勇気をもらい、その詩から、恋に生きる力をもらったトオル。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃との出会いを経て、ようやくめぐり会えた運命の少女・凪。詩を綴ることをやめたその少女は、トオルに生きる意味を教えてくれた。しかし、彼女にはある秘密があった・・・
龍也の声が生んだ恋する勇気。凪の言葉が教えてくれた生きる意味。そしてトオルが二人に気付かせた、“本当にやりたいこと”。
限られた時間の中で、三人の”本当”が重なった時、一つの唄が生まれる。

作品情報

『愛唄 ー約束のナクヒトー』
2019年1月25日(金)全国公開

監督:川村泰祐
脚本:GReeeeN、清水 匡
プロデューサー:小池賢太郎
音楽プロデューサー:JIN
出演:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、中村ゆり、野間口 徹、成海璃子、中山美穂(特別出演)、清水葉月、二階堂 智、渡部 秀、西銘 駿、奥野瑛太、富田靖子、財前直見
配給:東映
©2018「愛唄」製作委員会

『愛唄 ー約束のナクヒトー』オフィシャルサイト
http://aiuta-movie.jp/

書籍情報

⼩説版『愛唄―約束のナクヒト―』(朝日⽂庫)
発売中
価格:648円(税込)
⼩林雄次