担当プロデューサーが語る、映画『春待つ僕ら』バスケ部男子4人と『花より男子』の“F4”の違い

担当プロデューサーが語る、映画『春待つ僕ら』バスケ部男子4人と『花より男子』の“F4”の違い

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ、現在公開中の映画『春待つ僕ら』。

このたび、 本作を企画した『世界の中心で、愛をさけぶ』など数々のヒット作を世に出してきた春名慶プロデューサーのコメントが公開された。

「これまでは、“王子様A・Bと私”という三角関係恋愛を描く作品が、トレンドになっていました。でも、それでも飽き足らず、“王子様A・B・C・Dと私”がほしいと思い始めるんだろうなと思ったので、本作の“イケメン博覧会”的な人物関係図は、時代のニーズに合っている」と春名プロデューサー。

ずっと周囲に溶け込めずにひとりぼっちだった美月(土屋太鳳)は、高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すが、何をやっても空回り。落ち込む美月のバイト先に、“校内人気のバスケ部男子4人”が突然やって来て、 美月の日常が振り回され始める。

校内人気の男子4人といえば、貧しい家庭に育った女子生徒・牧野つくしと、道明寺司ら4人の御曹司“F4”が、裕福な生徒たちが通う名門高校で織り成すストーリーを描いた『花より男子』が思い浮かぶ。

映画『春待つ僕ら』に登場する4人のバスケ部男子と『花より男子』のF4について、春名プロデューサーは「『花より男子』はレジェンドですね。『花男』の設定はスクールカーストで、身分の差を描いていたと思うのですが、『春待つ僕ら』は特にスーパーヒーローがいるわけではありません。『春待つ僕ら』というタイトルが象徴しているように、みんなそれぞれに愚直に何かを掴もうとしているんです」と、イケメン4人という共通点はあれど、バスケ部男子は王子様ではなく“不完全な”キャラクターたちだと分析。

「4人は毎回、全国優勝しているような高校のエースなわけではありません。でも、4人がバスケに真っ直ぐに向き合って、仲間と一生懸命頂点を目指そうとしていている姿がまぶしかったから、主人公の美月も応援したいって思ったんです」と、その不完全さこそが、人々を魅了すると春名プロデューサーは語る。

そして、4人のバスケ部男子だけでなく、主人公の美月の前には突然、幼なじみでアメリカ帰りの天才バスケ選手・亜哉も登場。「かつてソウルメイトだと思っていた女の子が実は男の子で、イケメンになって戻ってきたという設定ではありますが、自信たっぷりの亜哉にも、美月の勘違いを訂正しなかった理由があって、“4人+1人の男子と主人公”という人間ドラマがこれまでの作品にはなかったなと思います」と自信を覗かせる。

春を待つ彼らが掴み取る春とは?

バスケと、友情、そして恋。様々なキャラクターが交差し、紡ぎ出す青春の物語に、この冬、誰もが胸を熱くする!

作品情報

『春待つ僕ら』
大ヒット上映中
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉 友 泉 里香 佐生 雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
©あなしん/講談社 ©2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

『春待つ僕ら』原作

リリース情報

2018.11.16 ON SALE
TAOTAK DIGITAL SINGLE「Anniversary」



映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/
TAOTAK オフィシャルサイト
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC