「ゴールデン・グローブ賞」3部門ノミネート! バリー・ジェンキンス監督最新作『ビール・ストリートの恋人たち』特報映像解禁

「ゴールデン・グローブ賞」3部門ノミネート! バリー・ジェンキンス監督最新作『ビール・ストリートの恋人たち』特報映像解禁

2019年2月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開される映画『ビール・ストリートの恋人たち』の特報映像が解禁された。

前作『ムーンライト』で、ミュージカル『ラ・ラ・ランド』を抑え2017年「アカデミー賞」作品賞に輝いたバリー・ジェンキンス監督。最新作で紡いだのは、1970年代NYに生きる若きカップルの愛の物語。彼がずっと映画化を夢見ていたジェイムズ・ボールドウィン原作『ビール・ストリートの恋人たち』を基に、愛よりも、もっと深い“運命”で結ばれた、恋人たちのラブ・ストーリーを描く。

今回解禁された特報では、1970年代のニューヨークで、幼馴染として幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニーの姿が映し出される。ローリン・ヒルがボーカルを務める伝説のヒップホップグループ The Fugeesの世界的なヒットソングにしてグラミー賞受賞曲「やさしく歌って」に乗せて贈る本映像は、ふたりの愛とその運命を優しく包みこむように映画の世界観を彩っている。

また、あわせてポスタービジュアルも解禁。予告映像の中でも語られる「愛があなたをここへ連れてきた」という一言は、バリー・ジェンキンス監督も「ジェイムズ・ボールドウィンの原作の中で好きな言葉」だという台詞。額をあわせそっと身を寄せ合う若い2人の、愛よりも深い“運命”で結ばれたラブストーリーを感じさせるとともに、どこか切ない予感を抱かせるビジュアルに仕上がっている。

すでに、今年の「トロント国際映画祭」でお披露目されると観客の熱狂的な支持を得て観客賞次点1位、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞脚色賞、助演女優賞、作品トップ10受賞、アメリカ映画協会賞作品トップ10ほか、など、数々の映画賞を席巻し、12月17日時点で、31映画賞を受賞。108のノミネートを記録している。アカデミー賞最大の前哨戦、「第76回ゴールデン・グローブ賞」では見事、作品賞<ドラマ部門>、脚本賞、助演女優賞にノミネートを果たし、今年度の「アカデミー賞」大本命として大きな注目を集めている。

【STORY】
1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、彼女とその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた……。

作品情報

『ビール・ストリートの恋人たち』
2019年2月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:バリー・ジェンキンス 
原作:ジェイムズ・ボールドウィン「ビール・ストリートの恋人たち」(早川書房刊)
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジ―ナ・キング他
原題:If Beale Street Could Talk
日本語字幕:古田由紀子
提供:バップ、ロングライド 
配給:ロングライド 

©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

『ビール・ストリートの恋人たち』オフィシャルサイト
 longride.jp/bealestreet/