映画『アリー/ スター誕生』、“ガガ史上最も泣けるバラード” 特別映像解禁! クリスマスコメントも

映画『アリー/ スター誕生』、“ガガ史上最も泣けるバラード” 特別映像解禁! クリスマスコメントも

12月21日(金)に日本公開される、レディー・ガガの映画初主演作『アリー/スター誕生』。この度、本作で主役アリーを演じたレディー・ガガから、日本のファンに向けてクリスマスコメントが到着。MVの一部も公開された。

この度解禁された映像では、ガガからのコメントの後に、本作のラストを飾るに相応しいアリーの圧巻の歌声と共に贈る“アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン”の一部を収めた映像が映し出される。この楽曲もガガの書き下ろしで、ガガ演じるアリーが、ブラッドリー・クーパー演じるジャクソンを愛するあまり、傷ついた気持ちや深い悲しみを表現、“もう二度と誰も愛さない”“同じように誰かを愛することは二度とない”と歌う、“ガガ史上最も泣けるバラード”に仕上がっている。

この楽曲に関してガガは、「私は部屋に入り、皆に「それじゃ、映画『ボディガード』の「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(ホイットニー・ヒューストン)を上回る曲を書かないとね」って言ったわけ。実際にはなかなか難しことだけど、でもこの作品を締め括る重要な場面の裏には、そういった構想があったの。この曲に関してすごく興味深いと思うのは、この曲のタイトルである『アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン』、つまり“もう二度と愛さない”というのが、ある意味ネガティヴな曲名だってところなのよ。とは言っても、もちろんいずれ愛することはあるでしょう。人は皆、誰しもね。けれど悲しみがあまりに強烈すぎて、あまりに深く傷ついた場合、同じように誰かを愛することは二度とないうことね。私はこの曲が大好きでたまらないのよ」と語り、自信にとっても特別な楽曲であることを明かしている。

ベネチアや、トロントなど主要な国際映画祭で上映された本作は、圧倒的な支持を受け、名だたるメディアからも称賛を受けた。また公開された国々で軒並みヒットを飛ばし、全世界の興行収入は400億円を突破。さらには「アカデミー賞」の前哨戦として注目される「ゴールデン・グローブ賞」では、作品賞、主演女優賞、主演男優賞、監督賞、主題賞の5部門をノミネートされるなど、今世界中が愛と成功を自らの力でつかみ取ってゆくアリーの感動の物語に共感している。

【STORY】
アリーの夢―それは歌手になること。なかなか芽が出ず諦めかけていたある日、世界的シンガーのジャクソンと出会う。彼女の歌にほれ込んだジャクソンに導か れるように華々しいデビューを飾り、瞬く間にスターダムを駆け上るアリー。激しく恋に落ちて固い絆で結ばれる 2 人だったが、アリーとは反対に、全盛期を過ぎ たジャクソンの栄光は陰り始めていき…。ラストステージ――ジャクソンの愛が、アリーの覚悟が、そして2人のうたが、見るものすべての心を震わす感動のエ ンターテイメント。

作品情報

『アリー/スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー

監督&製作:ブラッドリー・クーパー 
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日 
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

『アリー/スター誕生』オフシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

リリース情報

アリー/ スター誕生 サウンドトラック
発売中