新星ルーカス・ヘッジズ主演、同性愛の転向療法を強いられた青年の衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』が19年4月公開決定

新星ルーカス・ヘッジズ主演、同性愛の転向療法を強いられた青年の衝撃的な実話を描く映画『ある少年の告白』が19年4月公開決定

ジョエル・エドガートン監督、ルーカス・ヘッジズ主演作『BOY ERASED(原題)」の日本公開タイトルが『ある少年の告白』となり、2019年4月よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開されることが決定した。

アメリカの田舎町。牧師の父(ラッセル・クロウ)と母(ニコール・キッドマン)のひとり息子として、何不自由なく育った大学生のジャレッド(ルーカス・ヘッジズ)。彼はある時、思いがけない出来事をきっかけに自分は男性のことが好きだと気づく。しかし、息子の告白を受け止めきれない両親が勧めたのは、同性愛を“治す”という転向療法への参加だった。そこでジャレッドが目にした<口外禁止>だというプログラムの内容は驚くべきものだった。自らを偽って生きることを強いる施設に疑問と憤りを感じ、ある行動を起こすが――。原作は、2016年に発表され、NYタイムズ紙によるベストセラーに選ばれるなど全米で大きな反響を呼んだ衝撃の実話。

主人公ジャレッドを演じるのは、若手実力派ルーカス・ヘッジズ。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』では、弱冠20歳にしてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたほか、『スリー・ビルボード』、『レディ・バード』など話題作への出演が続く。さらには、ジャレットの両親役にはラッセル・クロウ、ニコール・キッドマンとベテラン俳優陣が脇を固める。また、共演に、映画監督・俳優としてもカリスマ的人気を誇るグザヴィエ・ドラン。ティーンから絶大に支持されているシンガーソングライターのトロイ・シヴァン。レッド・ホット・チリペッパーズのベーシスト、フリーら個性的な面々も出演する。メガホンを取ったのは俳優としても活躍するジョエル・エドガートン。監督としては『ザ・ギフト』(16)以来、2作品目の長編作となり、本作ではプロデューサー・監督・脚本・出演とマルチな才能を発揮している。

なお、本作は現在、「第76回ゴールデングローブ賞」主演男優賞(ルーカス・ヘッジズ)・主題歌賞にノミネートされている。

人は、なぜ愛する家族にすら変わることを望んでしまうのか――。怒り、悲しみ、絶望…その先に一筋の眩い希望をもたらす魂の告白。胸を打つ圧倒的人間ドラマに注目だ。

作品情報

『ある少年の告白』
2019年4月、TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー!

出演:ルーカス・ヘッジズ、ニコール・キッドマン、ラッセル・クロウ、ジョエル・エドガートン、グザヴィエ・ドラン、トロイ・シヴァン
監督・脚本:ジョエル・エドガートン
原作:ガラルド・コンリー
音楽:ダニー・ベンジー、サウンダー・ジュリアンズ
撮影:エドゥアルド・グラウ
プロデューサー:ケリー・コハンスキー=ロバーツ(p.g.a.)、スティーヴ・ゴリン(p.g.a.)、ジョエル・エドガートン(p.g.a.)
原題BOY ERASED
配給:ビターズ・エンド/パルコ
(C)2018 UNERASED FILM, INC.

オフィシャルサイトwww.boy-erased.jp