ヴィヴィアン・ウエストウッドの原動力は寝室にある! 映画未公開映像が解禁

ヴィヴィアン・ウエストウッドの原動力は寝室にある! 映画未公開映像が解禁

本日12月28日(金)より角川シネマ有楽町、新宿バルト9ほかで全国公開となった映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』の未公開映像が解禁された。

本作は、英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う、生きる伝説ヴィヴィアン・ウエストウッドのパワーの秘密に迫るドキュメンタリー。3年間の密着取材でカメラが捉えたのは、ショーの直前まで続く厳しいダメ出しや、ニューヨークとパリへの新規出店を指揮する貴重な映像、音楽史を変えたパンクムーブメントを生み出すまでの秘話やデザイナーとしての躍進と挫折、無一文からの再出発や世界的人気ブランドとして成功するまでの知られざる道のりが明かされる。

解禁された映像は、寝室に招待された本作の監督ローナ・タッカーと寝起きのヴィヴィアンの姿を映し出している。ヴィヴィアンは自身の映画制作について「ローラは私の映画を作ってる。私のパワーの源を探っているの。私の原動力はどこから来ているのか。」と語り、「私は毎日最低2時間ベッドで考えるの。ここで考え事をするのよ。脳が一番 冴えている時間にね、とても効果的なの。」と寝室での過ごし方を明かし、笑顔を見せている。

【STORY】
2016年ロンドン・ファッション・ウィーク秋冬ショー前夜。ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、最終チェックに追われるデザイナーとスタッフたちがいた。デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェックし、指示と違う服には「こんなクズ、ショーに出せないわ」と容赦なく言い放つ。「もう辞めどきね」とパートナーにこぼしながらソファで眠りにつくが、翌日のショーは拍手喝采を受け、大成功を収める。60年代から現代に至るまで、数々の伝説を持つデザイナー本人にカメラが向けられる。「過去の話は退屈よ」と前置きしてから、自らの波乱万丈な半生について、ゆっくりと語り始めた。

作品情報

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
12月28日(金)角川シネマ有楽町、新宿バルト9他全国ロードショー
監督:ローナ・タッカー
出演:ヴィヴィアン・ウエストウッド、アンドレアス・クロンターラー、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル他
配給:KADOKAWA
後援:ブリティッシュ・カウンシル
© Dogwoof

オフィシャルサイト
http://westwood-movie.jp