樹木希林の人生哲学が満載。『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』が発売決定

樹木希林の人生哲学が満載。『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』が発売決定

2019年1月28日(月)に故 樹木希林の生前の言葉をまとめた書籍『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)が発売される。

本書は、『NHKスペシャル「“樹木希林を生きる”」』や、朝日新聞の連載「語る 人生の贈りもの」のインタビュー、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言に至るまで、多岐に渡るメディアから、心に響く樹木のメッセージを厳選。『寺内貫太郎一家』について語った1974年の対談から2018年に亡くなるまでの120の言葉を収録し、本書でしか読むことのできない名言が満載。仕事、家族、夫婦関係、生きることと死ぬことについて…。誰もが人生で直面する「壁」をどう乗り越えればいいのか――。 ありのままの自分を貫き、最期まで自然体で生きた樹木の率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学がつまっている。

表紙は、2016年の企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」のビジュアルを元に作成。装丁はブックデザインの名匠・鈴木成一。遺族から提供された秘蔵写真も収録されている。

宝島社企業広告「死ぬときぐらい好きにさせてよ」(2016年)

生前、親交があった養老孟司からの寄稿
「自然体とはこういうことかと思った」
「男でいえば、将の器がある。身体は小さいし、 声だってとくに大きいわけではない。印象的な女性でした」


死生観、仕事、子育て、夫婦・・・120の言葉を収録。
テレビや記者会見で発言したくすっと笑える樹木さん節も!
 

●死生観について

がんがなかったら、
私自身がつまらなく生きて、
つまらなく死んでいったでしょう。
そこそこの人生で終わった

(医師の鎌田實氏との対談で、闘病生活について語って―2012年2月)

●仕事について

マイナスの出来事も含めて、
自分の栄養かな

(インタビューで役者人生について語って―2015年11月)

●子育てについて

ああするべきだ、こうしちゃいけない、
ああしちゃいけないというものの中からは、
人は育たない気がする

(YOU、是枝裕和監督との座談会で、子育てについて語って―2008年6月)

●夫婦について

来世で出会わないために、
今完璧に付き合っているのよ(笑)

(映画『神宮希林 わたしの神様』公開時のインタビューで、結婚生活について語って―2014年5月)

書籍情報

『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』
著:樹木希林 
2019年1月28日発売予定
定価:1200円+税

・インタビューやエッセイまで網羅!120の言葉を厳選収録
・仕事、恋愛、夫婦関係、育児、家族…人生!樹木さんの哲学が学べる
・ご遺族からご提供いただいたプライベート写真を収録