登坂広臣&中条あやみも感動する、映画『雪の華』撮影地フィンランドの魅力とは!?

登坂広臣&中条あやみも感動する、映画『雪の華』撮影地フィンランドの魅力とは!?

2019年2月1日(金)に公開される登坂広臣と中条あやみのダブル主演映画『雪の華』。

本作は、今年発売から15周年を迎える冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」を、映画『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる新鋭・橋本光二郎監督と、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)『ひよっこ』(17/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和の脚本で映画化したもの。登坂が、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔、中条が幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪を演じているほか、美雪の母親・平井礼子役を高岡早紀、悠輔たち兄弟を見守る先輩・岩永役を浜野謙太、そして美雪の担当医師・若村役を田辺誠一が演じる。

本作の見どころの1つとなっているのは、本編の約半分にも渡り舞台となるフィンランドの美しい風景。夏と冬、2回の長期ロケを敢行し、邦画史上類を見ないスケールで撮影が行われた舞台のフィンランドは、どのようにして選ばれたのだろうか。


脚本を務めた岡田は「タイトルを聞くと、誰もが雪の降る寒い地域での物語を連想しますよね。でも、このラブストーリーの舞台として、あまりつらそうな場所にはしたくないと考えた時、北欧が浮かびました。何と言ってもオーロラが、この歌の風景に合うのではないかと。カフェや教会など、街並みも可愛いですしね」と、楽曲が持つイメージとフィンランドの優美なロケーションがマッチしたことが、選定理由になったと語った。

フィンランドは、冬にマイナス20度になることもある極寒の地だ。劇中で美雪(中条が)がオーロラを見に訪れた場所として登場する街・レヴィは、一見すると見渡す限りの雪原のようだが、実は幅100m以上の凍った川の上で映画の撮影が行われた。また、冬のフィンランドは、透き通る程の美しい雪景色とオーロラは絶対欠かせないおすすめ観光ポイントだが、それだけではなく、美雪が泊まったホテルも内装がレトロで、北欧好き女子たちにはたまらない、おすすめオシャレスポットだ。

対照的に夏のフィンランドのシーンは、首都ヘルシンキがメインとなり、雪に包まれた冬の印象とは全く異なり、別世界のような景色に「こんなにカラフルな街だったんだ!」と、登坂と中条も驚くほど華やか。悠輔が初めて美雪の手を握り、2人の距離が急接近するドキドキのシーンは、街のシンボルであるヘルシンキ大聖堂の前に広がる通りで撮影された。そのほかにも、2人が朝市に出掛けるマーケット広場や、オシャレな店が立ち並ぶフレデリック通りなど、沢山の観光スポットで撮影。明るい陽光に照らされたオシャレで可愛い街並みに心の踊るシーンとなっている。

冬と夏、全く異なる魅力を見せる北欧・フィンランドを舞台に描かれる、悠輔と美雪の一生で一度、運命の恋の行方を、ぜひスクリーンで見届けて欲しい。

【STORY】
「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
———幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は<約束の地>フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

作品情報

『雪の華』
2019年2月1日(金)全国ロードショー

出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一

監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会

『雪の華』オフィシャルサイト 
http://yukinohana-movie.jp