ドローンに大ヒット&映画も大ヒットに!! 鈴木拡樹らが登壇した『映画刀剣乱舞』完成披露上映会レポート

ドローンに大ヒット&映画も大ヒットに!! 鈴木拡樹らが登壇した『映画刀剣乱舞』完成披露上映会レポート

大ヒットへ願いを込めて。2019年1月18日公開の『映画刀剣乱舞』の完成披露上映会が12月27日に都内で行われた。集まったファンの前に現れたのは、鈴木拡樹(三日月宗近 役)、荒牧慶彦(山姥切国広 役)、北村 諒(薬研藤四郎 役)、和田雅成(へし切長谷部 役)、岩永洋昭(日本号 役)、定本楓馬(骨喰藤四郎 役)、椎名鯛造(不動行光 役)、廣瀬智紀(鶯丸 役)、そして耶雲哉治 監督の9名。キャスト同士の素顔が垣間見えるトークセッションの模様をレポートする。

取材・文 / 横川良明 撮影 / 冨田望

8振りの刀剣男士がタキシードでレッドカーペットを闊歩!

始まりの合図は、西川貴教&布袋寅泰の豪華コラボで話題の主題歌「UNBROKEN(feat.布袋寅泰)」だ。痺れるようなロックギターと共に、会場中央の扉が開く。そこから最初に現れたのは、鈴木拡樹。三日月宗近と同じ藍色のタキシードを身にまとい、拍手で迎えられるや胸に手を当てて一礼。観客に手を振りながらレッドカーペットを突っ切り、中央で立ち止まると今度は両手をお腹に添えて深々と礼をした。

鈴木拡樹

続く荒牧慶彦は山姥切国広と同じ純白のタキシード。さらに北村 諒は黒のタキシードに蝶ネクタイと、それぞれ正装ながら個性が出ていて、ドレスアップしたキャストの晴れ姿に、観客から歓声の嵐が。

荒牧慶彦

へし切長谷部をイメージしたというポンパドールスタイルで登場した和田雅成は、紅潮する観客の表情を見て「キラキラしてるなー!」とヤンチャな笑顔。岩永洋昭は大人の貫禄たっぷりに、定本楓馬は初々しくフレッシュにレッドカーペットを踏みしめ、椎名鯛造は弾けるような鯛造スマイルを炸裂させてファンの声援に応えた。

北村 諒

そして誰よりゴキゲンだったのが、廣瀬智紀。ジャケットの裾を軽くはらって小粋に挨拶をすると、場内からは嬌声と笑いが。ハイテンションでレッドカーペットを闊歩すると、あまりの駆け足に和田から「もうちょっとゆっくり!」「やり直して!」とダメ出しが飛んでいた。

廣瀬智紀は1年前から“うぐいす”と縁があった……?

キャスト同士のトークも、個性満開。白のタキシード姿の荒牧に、和田から「ひとりだけ『紅白』先取ってるのかなと思って」と先制パンチが飛び出すと、鈴木も「ちゃんとね、楽屋で汚し入れたほうがいいんじゃないかって言ったんだけど」と応戦。これには荒牧も「俺も思ったんですよ、山姥切国広だったら汚れてるかなと」とタジタジの様子だった。

和田雅成

和田から「タキシードのポイントがあるから、楓馬が喋っていいですか」とバトンを渡された定本は「実は藤四郎兄弟、一緒なんですよ、タキシードが」と北村と肩を組んでニッコリ。出演舞台の千秋楽を終え、急いで駆けつけた北村は「バッタバタでもう楓馬のタキシードを見る余裕もなかった」と改めてふたりで並んだ。

作中の短パンルックとは対照的な、紫のタキシードに赤の蝶ネクタイ姿の椎名を見て、和田が「向こうのちっちゃい子、名探偵感が出てる」と際どいイジリをぶっこむと、椎名も蝶ネクタイに手を添えてアピール。さらに鈴木が「ボール持ってきて蹴ってもらう?」と悪ノリするなど、キャスト同士、息の合った空気感がトークからもダダ漏れ。

岩永洋昭

撮影で難しかった点を聞かれた岩永は「初日、10時間待たされて」とポツリ。和田から「そんなん言いなや!」と強烈なツッコミを喰らいつつ、「ヅラもつけ慣れていないから痛くて痛くて」とボヤキが止まらず、さらに「初日で槍を折りました」と驚きの裏話を披露。そんな怒濤の初日を終えた岩永を、和田は「地獄みたいな顔してました(笑)」と暴露した。

定本楓馬

MCから「撮影の間、お休みがあったそうで」と振られた廣瀬は「ひとりだけお休みがあって……それが?」ととぼけ顔。「何で言わない方向性でいくんだよ! いちご狩りの話せえや!」と和田から怒濤のツッコミを浴びるも、廣瀬は「それより趣深い話、していいですか」とマイペース。

キャスト解禁の発表は2018年3月7日。去年の同日のブログを遡ってみると「『うぐいす』っていうタイトルで、僕、ブログを書いていたんですよ」と演じた鶯丸にちなんだ運命的なエピソードを紹介。うぐいすを見つけたことを画像付きでブログにアップしたそうだが、どうやら廣瀬の勘違いだったようで「コメントの返信に、『これメジロだよ』って書かれてた」と見事なオチで笑わせて、お茶目な愛されキャラクターを爆発させた。

椎名鯛造が撮影中にブヨ博士に進化?

短刀チームの北村と椎名は短パンでの撮影だったため虫対策に苦労したらしく、椎名は「血を吸う虫がたくさんいるんですよ、森の中で」と述懐。ヒルに噛まれそうになったと思ったら、ブヨだったらしく「アイツらはね、針で血を吸うんじゃなくて、皮膚を……」と突然ブヨ基礎知識を語り出し、思わず和田が「いいよ、べつにどっちでも! 夜の9時半ぐらいにそんな話聞きたくないよね?」と苦笑しながら制止。北村が「鯛ちゃん、これのおかげでめっちゃブヨに詳しくなったんだから」と擁護するも、椎名は「ほぼWikipediaの情報だけど」と明かし、場内を和ませた。

椎名鯛造

次に話題は本作から『刀剣乱舞』の世界に加わったキャストたちへ。殺陣初挑戦の定本は、撮影中も共演者から殺陣の手ほどきを受けたそうで、「鈴木拡樹さんがずっと撮影の休憩中に(刀を)抜いたり戻したりしているんですよ」と語彙力の可愛らしいトークを展開。先輩たちから「抜刀、納刀ね」と優しくフォローが入るも、和田からは「おいおい、『戻したり』って言うんじゃないよ! 『刀剣乱舞』やってるんだから(笑)」と厳しい洗礼。

廣瀬智紀

同じく本作から『刀剣乱舞』に出演した岩永からは、重い槍を扱うのに手こずったという苦労話が。ボヤキの多い岩永のトークに和田は「もっとハッピーなエピソードないんすか!?」と追撃。これに岩永はドヤ顔で「ハッピーなエピソード、あるじゃん? みんなと会えたこと!」と高らかに言い放ち、観客から喝采を浴びていた。

そこから監督に話が振られようとしたところで、スルーされていた廣瀬は「智紀くんも初めてなんだけど……」と自ら挙手。クールなビジュアルとは真逆なコミカルな一面にギャップ萌えする観客が続出した。

鈴木拡樹の失敗談に観客仰天。映画もドローンも大ヒットへ!

また、話題が主題歌を担当した西川貴教に及ぶと、耶雲監督が「もし次回作があるなら、僕も刀剣男士になりたい」と西川から名乗りがあったことを報告。西川と言えば、数々のヒット曲で見せたあの短パン姿が有名。「短パンのパイセンですよ」とざわつくなか、耶雲監督も「衣裳は、黒い、細い、アレだと思います」と応酬し、夢の次回作に向けて期待を膨らませた。

耶雲哉治 監督

撮影中は、待ち時間を潰せるようにというスタッフの配慮から控え室にカードゲームが用意されていたらしく、「いざやってみるとコイツ(和田)がうるさくて!」と荒牧から和田にクレームが。「盛り上げ上手と言ってくれよ!」と和田が弁明するも、荒牧が「スタッフさんが来て、『すみません、うるさいです』」と怒られたことを告白し、「普通に怒られましたね、いい大人が(苦笑)」と和田も恥ずかしそうな顔を見せた。

最後に鈴木が今回多用されたドローン撮影について触れ、「最後の最後のシーンで、なんと弓でドローンを射抜いてしまいました。実はドローンが1台失われております」と懺悔。しかし、転んでもタダで起きないのが鈴木拡樹。この失敗談を「大ヒットしております」と大喜利風に転じ、「そんな大ヒットの願掛けがあったので、大ヒットしてもらいたいなと思いますし、失ったドローンを取り返すために頑張りたいと思います」と軽妙な意気込みで観客を湧かせ、完成披露上映会を締め括った。

『映画刀剣乱舞』

2019年1月18日(金)全国ロードショー

原案:「刀剣乱舞 -ONLINE-」より(DMM GAMES / Nitroplus)
監督:耶雲哉治
脚本:小林靖子
音楽:遠藤浩二

出演:
三日月宗近 役:鈴木拡樹
山姥切国広 役:荒牧慶彦
薬研藤四郎 役:北村 諒
へし切長谷部 役:和田雅成
日本号 役:岩永洋昭
骨喰藤四郎 役:定本楓馬
不動行光 役:椎名鯛造
鶯丸 役:廣瀬智紀

羽柴秀吉 役:八嶋智人
織田信長 役:山本耕史

ほか

公式サイト
公式Twitter(@toukenmovie2019)

©2019『映画刀剣乱舞』製作委員会
©2015-2019 DMM GAMES / Nitroplus