登坂広臣 (三代目J Soul Brothers) 2019年最初の「AERA」に表紙とインタビューで登場!

登坂広臣 (三代目J Soul Brothers) 2019年最初の「AERA」に表紙とインタビューで登場!

201914日(金)発売の週刊誌「AERA」に登坂広臣が登場。 表紙、コラム「表紙の人」のほか、インタビューも掲載。 表紙とインタビューの撮影は蜷川実花だ。

三代目J Soul Brothersのボーカルでソロとしても活躍する登坂広臣は、2月に公開される映画『雪の華』で主役を演じている。本作は 2003年に大ヒットした中島美嘉の同名曲をモチーフに紡ぎ出された切なくも美しいラブストーリー。 登坂にとって2度目の映画出演となるが、 本人は「芝居の世界はアウェー」だと話す。 曰く「僕はお芝居が上手なわけでもないし、『役者です』なんて言える立場でもないですから、その道のプロフェッショナルが集まる場には、下手でもいいから100%で挑まないと、僕自身が耐えきれないと思いました」

100%で挑んだ撮影は「大変でした」の一言に尽きるそうだが、できあがった作品は「報われた」と思える美しさだったという。

演じた役柄についての質問には
「なんで僕はいつも『ドSキャラ』なんだろう、とは思いました。 僕はもうちょっと優しいです(笑)」
と少しはにかみながら、 お茶目に答えている。

商品情報

AERA (アエラ)2019 1/14
定価:390円(税込)
発売日:2019年1月4日(金)
出版社:朝日新聞出版