ももクロ流“歌合戦”、ジャンルを超えた豪華アーティストによる競演&平成最後のあけおめ飾る

ももクロ流“歌合戦”、ジャンルを超えた豪華アーティストによる競演&平成最後のあけおめ飾る

ももいろクローバーZが2018年12月31日から1月1日にかけて神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールにて「第2回 ゆく桃くる桃 ももいろ歌合戦」を行った。第1回に引き続き、今回も2チームに分かれての豪華ゲストを多数招いた歌合戦の開催となった。

このイベントは完全版生中継されたAbemaTVをはじめ、フジテレビNEXT、BS日テレ、テレビ埼玉、サンテレビ、テレビ和歌山、群馬テレビ、とちぎテレビ、さらにラジオからはニッポン放送にて中継が行われ、全国の多くのファンへ届けられた。

ももいろクローバーZをリーダーとしたももクロ軍に対抗する相手チームは、俳優の岡田将生がサイボーグ化し、リーダーを務めるロボ岡田将生軍とし、総合司会には千鳥のノブ、司会を東京03の角田晃広と豊本明長が務めた。

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手による開会宣言コメントでスタートを切り、出演者は各軍のリーダーから呼び込まれ、ステージ上には出演者が勢揃いし華々しいオープニングを飾った。

1曲目、アップアップガールズ(仮)のパフォーマンスからライブがスタート。彼女たちの代表曲『アッパーカット』を元・ボクシング3階級制覇チャンピオンの八重樫 東率いるボクサー軍団とのコラボレーションで繰り広げた。続いてロボ岡田将生軍の1番手はBOYS AND MENによる『進化理論』。どちらもアップテンポの曲で一発目から会場は熱気を帯びた。

ももクロ軍2番手の大原櫻子は『明日も』を玉井詩織とコラボレーション。2人でアコースティックギターを演奏し、歌声をホールに響かせた。MCを挟み、東京女子流は同期でありプライベートでも交流のあるももクロをバックダンサーに『おんなじキモチ』を披露。

その後、音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』よりディビジョンリーダー4人から応援ラップ映像が流れ、サイプレス上野とロベルト吉野による『ヒップホップ体操第二』、Creepy Nutsの『数え唄』とラップソングが続いた。歌唱後、東京03角田の煽りにより、サイプレス上野とR-指定による、この日限りのフリースタイルラップバトルが勃発。本格的なラップバトルに会場は大きな盛り上がりを見せた。

トークコーナーでは前回に引き続き、永野と平成ノブシコブシの徳井が壇上へ。さらに応援キャラクターとしてコツメカワウソのゆるキャラ、ちぃたん☆も登場。「ちぃたん☆の挑戦」として風船割りやルームランナーなど様々な企画に挑戦していった。

ナオリュウは世界第二位の称号を持つ「ルーパー」のパフォーマンスから『深呼吸』を歌い上げた。

YouTuberのFischer’sは『未完成人』を披露。間奏中にあーりんファンを公言しているリーダーのシルクロードが、「球界屈指のあーりん推し」福岡ソフトバンクホークス石川柊太投手と「ボイメン屈指のあーりん推し」辻本達規と共にマシュマロキャッチにチャレンジした。4回連続での失敗により不穏な空気が流れていたが、5回目のラストチェンスで石川投手のスローを見事成功すると会場からは歓声の嵐が起こった。曲が再開し、ステージ上より佐々木彩夏が登場し、Fischer’s念願であった、あーりんとともに大晦日イチ幸せなタオル回しが披露された。

福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐、石川柊太のコメント映像を挟み、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」の声優によるユニット、スタァライト九九組とたこやきレインボーが続いた。たこやきレインボーの曲中には横浜文化会館と間違えたというヒールレスラーの飯塚高史が乱入。エル・デスペラードの制止も効かず、ステージに上がり堀くるみを連れ去ろうとするも、結果そのまま会場を去っていった。

松本明子の『津軽海峡冬景色』では高城れにと花柳花柳社中が日本舞踊で華を添えた。布袋寅泰の応援ビデオコメントに続き、モーニング娘。OG(矢口真里・藤本美貴)の『LOVEマシーン』ではアップアップガールズ(仮)、東京女子流、たこやきレインボー、ももくろちゃんZの全アイドルが集合し、一緒にステージを盛り上げた。

笑福亭鶴瓶のコメントの後、3月15日公開の映画しまじろう「しまじろうとうるるのヒーローランド」の主題歌「HERO」をももくろちゃんZ withしまじろうが披露。この日はしまじろうだけではなく、みみりん、とりっぴぃ、にゃっきぃとさらに、ももくろちゃんZの知育番組「ぐーちょきぱーてぃー」から、でんさんとくるんも駆けつけ、とてもハートフルなパフォーマンスとなった。

キダタローと浜村 淳のコメントに続き、塩乃華織、T-BOLAN、東京03角田晃広が楽曲を披露。角田のパフォーマンス中にはT-BOLANの森友嵐士が登場。元よりT-BOLANの大ファンであると公言している角田は歓喜の表情を浮かべながらパフォーマンスを続けた。

加山雄三の「ももクロと仮面ライダー!」という振りの後、すぐさまももクロの悲鳴から仮面ライダー ジオウのショーがスタートした。ライダーによる華麗な攻撃で怪人を倒していき、無事にももクロを守るパフォーマンスから会場中から歓声が上がった。

続けて登場したのはTRF feat. KANAKOO。DJ KOOの代わりに登場した百田夏菜子扮するKANAKOOがメンバーとともに会場をダンスフロアのように盛り上げた。

続いて登場した氣志團はももクロの新曲『あんた飛ばしすぎ!!』をアレンジし、自身のことを歌った『俺ら飛ばしすぎ!!』を生演奏で披露。爆笑を取りながらもパフォーマンス力の高さを見せつけた。

前回に引き続きYOSHIKIからのコメントで会場をざわつかせた後、イルカの『なごり雪』、ニッポン放送吉田尚記アナウンサーがセレクトした「機動戦士Zガンダム」の映像をバックに、森口博子の『水の星へ愛をこめて』が披露された。

誰もが予想だにしなかった吉永小百合からのコメントが流れた後、「浅草の大物師匠」として最後まで明かされることがなかった歌手は、直前に登場した「たけし軍団」のメンバーにより「まさかあの人が、、?」というムードの中、登場したのはビートきよし。「そっちかい!」という空気が会場に起きる中、パフォーマンス後にビートたけしからの映像コメントが流れ、観客は二重のサプライズを受けた。HOUND DOGの大友康平はももクロメンバーとたこやきレインボー堀くるみと清井咲希によるさつまいも娘を引き連れ、力強く『ff(フォルティシモ)』を歌唱した。

MCを挟み、2018年ももクロが初めて挑戦したミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」より「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス? ミニミニスペシャルライブショウ!」がスタート。シルビア・グラブやHEAVENのメンバーも登場し、ミュージカルの感動を彷彿させるステージパフォーマンスとなった。途中松崎しげるが登場し、そのまま『愛のメモリー』をスタート。「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」のメンバーと、会場のお客さん全員が松崎しげるのお面をつけ、会場中が約4,000人の松崎しげるになり、独特な雰囲気と笑いが溢れた。

続いてさだまさしがカウントダウンコンサートを行っている両国国技館からの中継で「主人公」を披露。両国国技館、パシフィコ横浜両会場がさだまさしの歌声で一体となった。

その後、いよいよももクロ軍のトリとして水前寺清子が登場。『ありがとうの歌』と『いっぽんどっこの唄』を力強い歌唱で披露した。そしてロボ岡田将生軍のトリとして加山雄三が登場。大トリとしてステージに華を飾った。

両軍の歌唱対決の終了後、AbemaTVの視聴者によって、ももクロ軍の勝利が決定。リーダーの百田夏菜子が優勝旗を授与し、最後は出演者総出で「三百六十五歩のマーチ」を、平成を振り返る名シーンの映像とともに歌唱し、ももいろ歌合戦のフィナーレを迎えた。

歌合戦の終了後はももいろクローバーZのカウントダウンライブがスタート。

『overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜』が流れると客席は再度ヒートアップ。『走れ! -ZZ ver.-』でさらに盛り上げた後、『行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-』を披露。歌合戦の出演者も再度ステージに登場し、ファンと共に会場一体となって新年を迎えた。その後も昨年12月の『ももクリ2018』で初披露された新曲『Sweet Wanderer』や『GODSPEED』など次々と披露し、ラストは『クローバーとダイヤモンド』で大団円を迎えた。

2018年12月31日から2019年1月1日にかけて彼女たちは、大勢のモノノフたちと、豪華出演陣に囲まれて2019年を迎えた。今後、5月17日に発売されるニューアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」の情報も徐々に公開されていくことだろう。追加情報は公式の発表を待とう。

ライブ情報

第2回 ゆく桃くる桃 ももいろ歌合戦
神奈川県・パシフィコ横浜(国立大ホール)

出演者(50音順):アップアップガールズ(仮)[初] / 飯塚高史[初]/ 石川柊太(福岡ソフトバンクホークス)[初]/ イルカ[初]/ エル・デスペラード[初] / 大友康平(HOUND DOG)[初]/ 大原櫻子[初]/ 角田晃広[2] / 仮面ライダージオウ[初]/ 加山雄三[2]/ 氣志團[2] / キダタロー(応援コメント)[初]/ 清野茂樹[初] / Creepy Nuts[初]/ グレート義太夫[初]/ 小松靖アナウンサー[2] / サイプレス上野とロベルト吉野[2]/ さだまさし[2] / さつまいも娘(たこやきレインボー堀くるみ・清井咲希)[初] / 塩乃華織[2]/ 笑福亭鶴瓶(応援コメント)[2] / シルビア・グラブ[初]/ 水前寺清子[2]/ スタァライト九九組[初]/ たこやきレインボー[初]/ 田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)(開会宣言コメント)[2] / ちぃたん☆[初] / TRF feat. KANAKOO[初] / T-BOLAN[初]/ 東京女子流[初]/ 東京03[2]/ 徳井健太(平成ノブシコブシ)[2]/ ナオリュウ[初] / 永野[2] / ノブ(千鳥)[2] / 花柳糸之社中[2] /浜村 淳(応援コメント)[初]/ ビートたけし(応援コメント)[初] ビートきよし[初] / ヒプノシスマイク(応援ラップ)[初] / Fischer’s[初] / HEAVEN[初]/ BOYS AND MEN[初] / 布袋寅泰(応援コメント)[2]/ 松崎しげる[初]/ 松本明子[2] / 無法松[初] / モーニング娘。OG(矢口真里[2]・藤本美貴[初]) / ももいろクローバーZ[2]/ ももくろちゃんZ with しまじろう[初]/ 森口博子[2] / 八重樫 東[初] / 柳田悠岐(福岡ソフトバンクホークス)(応援コメント)[2] / YOSHIKI(応援コメント)[2] / 吉田尚記アナウンサー[初] / 吉永小百合(応援コメント)[初] / ラッシャー板前[初]/ ロボ岡田将生[初]

セットリスト

【ももクロ軍】

01.アップアップガールズ(仮)「アッパーカット!」
02.大原櫻子 with玉井詩織 「明日も」
03.サイプレス上野とロベルト吉野 「ヒップホップ体操第2」
04.ナオリュウ 「深呼吸」
05.スタァライト九九組 「Star Divine」
06.松本明子 「津軽海峡冬景色」
07.ももくろちゃんZ withしまじろう 「HERO」
08.T-BOLAN 「離したくはない」
09.TRF feat. KANAKOO 「survival dAnce 〜no no cry more〜」
10.イルカ 「なごり雪」
11.ビートきよし 「浅草キッド」
12.松崎しげる 「愛のメモリー」
13.水前寺清子 「ありがとうの歌&いっぽんどっこの唄」

【ロボ岡田将生軍】
01.BOYS AND MEN 「進化理論」
02.東京女子流 withももクロ 「おんなじキモチ」
03.Creepy Nuts 「数え唄」
04.Fischer’s with佐々木彩夏 「未完成人」
05.たこやきレインボー 「オーバーザたこやきレインボー」
06.モーニング娘。OG(矢口真里&藤本美貴) 「LOVEマシーン」
07.塩乃華織 「ほっといてんか あんな阿呆」
08.角田晃広 「じれったい愛」
09.氣志團 「俺ら飛ばしすぎ!!」
10.森口博子 「水の星へ愛をこめて」
11.大友康平(HOUND DOG) 「ff(フォルティシモ)」
12.さだまさし 「主人公」
13.加山雄三 「お嫁においで」

水前寺清子&ALL CAST 「三百六十五歩のマーチ」

【応援合戦】
ヒプノシスマイク 応援ラップ
サイプレス上野 vs. R-指定 フリースタイルラップバトル
ちぃたん☆の挑戦
仮面ライダージオウ ショー
シルビア・グラブ ミュージカルショー with HEAVEN &松崎しげる

ももクロカウントダウンライブ

OVERTURE 〜ももいろクローバーZ参上!!〜
1.走れ! -ZZ ver.-
2.行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
3.Sweet Wanderer
4.GOD SPEED
5.今宵ライブの下で
6.白い風
7.イマジネーション
8.クローバーとダイヤモンド

リリース情報

05.17 ON SALE
ももいろクローバーZ 5th ALBUM「MOMOIRO CLOVER Z」

03.13 ON SALE
もももくろちゃんZ「ぐーちょきぱーてぃー 〜まるごとノリノリー!〜」
もももくろちゃんZ「ぐーちょきぱーてぃー 〜あきちでうたっておどって、じゃんけん「パー!」〜」

ライブ情報

ももいろクローバーZ「春の一大事2019」
4月20日(土)富山・富山県黒部市宮野運動公園
4月21日(日)富山・富山県黒部市宮野運動公園



10周年記念サイト『MCZ 10th ANNIVERSARY』
http://mcz10th.com
10周年記念 BEST ALBUM 特設サイト
http://mcz10th.com/sound/mcz_best/
ももいろクローバーZオフィシャルサイト
https://www.momoclo.net