『Identity V 第五人格』グローバルフェスティバル開催! 決勝は4月に上海で!

『Identity V 第五人格』グローバルフェスティバル開催! 決勝は4月に上海で!

NetEase Gamesは2019年1月3日、スマートフォン/PCゲーム向け非対称型対戦ゲーム『Identity V 第五人格』にて「CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル」を開催することを発表した。予選はオンラインで行われ、決勝は4月に中郷・上海で開催、16チームが雌雄を決する。


『Identity V 第五人格』CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル いよいよ開催!

世界中の6つの地区の戦隊たちが、至高の栄誉を目指して戦う!

非対称対戦型マルチプレイゲーム、『Identity V 第五人格』の中で、盛大なイベントが開催されます。公式からの発表によりますと、本日(03)から、『Identity V 第五人格』【CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル】が始まります。戦隊を組んで出場申請をすれば、誰でもこの盛大なお祭りに参加することができます。今回の『Identity V 第五人格』CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバルは、蒸気の都、高塔の頂、深淵の道の3段階に分かれています。各サーバーの探偵たちは、5つの地区(日本地区、香港&マカオ&台湾地区、東南アジア地区、欧米地区と韓国地区)に分かれて競い合うことになります。各地区で優秀な成績を取ったチームは、オンライン予選大会に進み、各地区の決勝トーナメント進出権をかけて戦います。そして、オフラインで行われる決勝トーナメントまで勝ち進んだチームは、中国本土地区の優勝チームと共に、世界チャンピオンを目指して最終決戦に挑みます。Identity Vのプレイヤーなら誰でも参加できる一大イベントなので、早速友だちを呼んでチームを組んで、思う存分、力を発揮しましょう!

蒸気の都——申請すれば誰でも参加可能

【CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル】の第一段階は、1月3日メンテナンス後から1月13日までに行われる「蒸気の都」です。全てのプレイヤーはこの段階で戦隊を組んで、出場申請をすることができます。イベント期間中、ポイントランキングでTOP50にランクインした戦隊が、次の段階へ進むことになります。出場申請を出した戦隊メンバーたちは、戦ってポイントを稼ぐことになりますが、ポイントがもらえる対戦回数には上限があります。毎日、サバイバーとハンターとして各6回まで、ポイントがもらえる対戦を行えます。また、イベント期間中にサバイバーとハンターとして、ポイントがもらえる対戦回数は、各60回までです。個人の成績によって戦隊の得点が決まるので、頑張って高得点を目指しましょう!

高得点を叩き出して、次の段階へ進むのもいいですが、実は今回の祭典で、もらえる報酬もとても豪華です。蒸気の都段階での報酬には、個人報酬と戦隊報酬があります。出場申請を出した戦隊メンバーたちは、イベント期間中に通常のマルチ戦・ランク戦・協力狩りなどに参加すると、対戦数を基準に報酬がもらえます。また、戦隊メンバーたちが深淵マルチ戦と深淵ランク戦に参加すると、戦隊の対戦数が増え、これを基準に報酬がもらえます。さらに、ポイントランキングでTOP50にランクインした戦隊と戦隊メンバーたちには、【CALL OF THE ABYSSII・高塔の頂】テーマのアイコン枠【メカ触手】が贈られます。このアイコン枠は、第二段階進出の猛者の証です。

▲アイコン枠・メカ触手

高塔の頂——トッププレイヤーたちの戦い

祭典の第二段階「高塔の頂」に進出できる戦隊は、間違いなく各地区のトップクラスのチームです。そして、第二段階ではさらに厳しい戦いが各戦隊を待ち受けています。1月17日から1月24日まで、毎日の19:00~21:00に、高塔の頂ランク戦が行われます。各戦隊のメンバーたちは、特殊な入口からランク戦に参加し、高塔の頂Ptを獲得することができます。そして、第二段階のポイントランキングでTOP4にランクインしたチームには、オンライン予選大会の参加資格が与えられます。高塔の頂段階で戦う相手は皆、かなりの実力者です。そして、戦隊のメンバーたちが毎日、ポイントがもらえる対戦回数は5回まで(期間中合計20回まで)です。限られた対戦回数と立ちはだかる強敵、激戦必至です。

高塔の頂段階で戦う相手は、トッププレイヤーばかりです。対戦回数も少ないので、戦隊メンバーの誰がハンターをやるか、誰がサバイバーをやるかを慎重に考えないといけません。イベント期間中に獲得した高塔の頂Ptを基準にランキング順位が決まり、ランキング報酬が贈られます。また、各サーバーランキングでTOP4にランクインした戦隊には、【CALL OF THE ABYSSII・深淵の道】テーマアイコン枠が贈られます。これは、オンライン予選大会の出場枠を勝ち取ったトップチームの証です。

▲アイコン枠・邪眼

深淵の道——オンライン予選大会に進出

各地区の四強が決まると、『Identity V 第五人格』公式により、ランキング順位が発表されます。そして、各地区の四強チームは、深淵の道へ進み、各地区のオンライン予選大会に出場します。オンライン予選大会は6つの地区で別々に行われ、最後に勝ち残った16チームが、オフラインで行われる決勝トーナメント、【CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル】に進出します。決勝トーナメントの出場枠の内訳は、中国本土地区8枠、ワールドサーバー8枠です。そしてワールドサーバーの8枠は、「日本地区」2枠、「香港&マカオ&台湾地区」2枠、「東南アジア地区」2枠、「韓国地区」2枠、「欧米地区」1枠によって構成されています。ここから、チームとチームの真剣勝負が始まります。

予選大会の試合方式はBO3方式です。各試合は前半戦と後半戦に分かれ、前半戦はサバイバー、後半戦はハンターを選択して試合を行います。サバイバーの脱出数によって得点を計算し、勝敗が決まります。また、マップの選択、禁止キャラの指定、キャラBan/Pickなどに関するルールもあります。操作スキルの他、キャラとマップへの理解も、勝敗を決める重要な要素になるでしょう。各地区の予選大会で優勝を取ったチームには、決勝トーナメントの出場権が与えられます。そして、世界中の戦隊が中国・上海に集まり、【CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル】でワールドチャンピオンの座を競います。

【CALL OF THE ABYSSIIグローバルフェスティバル】オフライン決勝トーナメント

【CALL OF THE ABYSSII】イベントの最終段階が、オフラインで行われるワールド決勝トーナメントです。世界中から集まった16チームが、2019年4月26日~4月28日の間に中国・上海に集まり、ワールド決勝トーナメントに出場します。最終決戦まで勝ち進んだプレイヤーたちのために、合計100万人民元(約1600万円)の賞金が用意されています。白熱の戦いは、きっと会場を盛り上げ、世界中のプレイヤーたちの目を釘付けにするでしょう。この最終段階への道が今、第一段階・蒸気の都から始まるのです。『Identity V 第五人格』が好きですか?自分の腕に自信がありますか?あなたが今、友だちを集めて作った戦隊が、もしかしたら、地区を代表して決勝トーナメントに出場するチームになるかもしれません。そしたら、『Identity V 第五人格』初のワールドチャンピオンの座も、もはや夢ではありません。さあ、早速参加申請を出しましょう!

©2018 NetEaseInc.All Rights Reserved

※リリース情報を基に記事を掲載しています。