クイーンが愛した日本で“伝説のチャンピオン”に! 映画『ボヘミアン・ラプソディ』動員600万人突破&世界No.1興収記録

クイーンが愛した日本で“伝説のチャンピオン”に! 映画『ボヘミアン・ラプソディ』動員600万人突破&世界No.1興収記録

伝説のバンド<クイーン>。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』が公開9週目に入り、累計動員は6,123,160人、累計興行収入は84億5,716万円に達した。

9週目の週末(1月5日&6日)は、472スクリーンで動員228,439人、興行収入3億3,578万円を上げ、前代未聞の週末興行収入ランキング第1位に返り咲き。1月6日までの累計興行収入は『ジュラシック・ワールド2 炎の王国』(81億円)を抜き、2018年公開洋画興行収入ランキング第1位に踊り出た。最終興行収入は100億円以上が予想され、最終的には邦画を含む2018年公開映画ランキング第1位が射程圏内に入ってきている。

さらに、クイーンの母国イギリス(6,287万ドル/約70億円)、動員900万人を超えた韓国(7,402万ドル/約83億円)を抜き、ついにクイーンが愛した日本が、世界No.1興収(7,501万ドル/84.5億円)を記録。また、音楽/ミュージカル映画としては『美女と野獣』(124億円)に次ぐ日本歴代2位、IMAXでの日本歴代興行収入ランキングでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』に次ぐ歴代3位となった。

また、「アカデミー賞作品賞」を占う上で影響力を及ぼす全米製作者組合賞(PGA)にも『ボヘミアン・ラプソディ』が堂々のノミネート。本日、アカデミー賞の前哨戦とされる「第76回ゴールデン・グローブ賞」授賞式が行われ、最優秀作品賞(映画ドラマ部門)及びラミ・マレックの最優秀主演男優賞受賞に期待がかかる。「第30回パームスプリングス国際映画祭」ではラミ・マレックがブレイクスルー・パフォーマンス賞を受賞。昨夜発表された「第8回AACTAオーストラリア・アカデミー賞」でもラミ・マレックが並み居る強敵を打ち果たし最優秀主演男優賞に輝いている。

作品情報

『ボヘミアン・ラプソディ』
大ヒット公開中

監督:ブライアン・シンガー 
製作:グレアム・キング、ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)、ロジャー・テイラー(クイーン/ドラマー)
出演:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、ベン・ハーディ、グウィリム・リー、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ、アレン・リーチ
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox

オフィシャルサイト
http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/