桜田ひより、映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』続投決定!「夢のような時間でした」

桜田ひより、映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』続投決定!「夢のような時間でした」

桜田ひよりが前作に引き続き笛口雛実役として、7月19日(金)に全国公開される映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』に出演することが明らかとなった。

食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京を舞台に、人間でありながら喰種としての能力に目覚めた金木研(窪田正孝)が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。カネキの最大の宿敵である喰種・月山習役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に山本舞香と、人気実力派キャストの共演でも注目を集めている。

喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せ、カネキやトーカにとっても妹的存在である笛口雛実役を演じる桜田。ミスセブンティーン2018としてモデルとして活躍する一方、『祈りの幕が下りる時』や『ういらぶ。』などヒット作への出演が続き、先日解禁となった2019年公開の映画『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)では、オーディションで役に選ばれるなど、若手演技派女優としても注目が集まる。

今回の続投について、桜田は「再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした」とコメント。前作では母親を亡くし、辛い思いをしたヒナミだったが、本作ではその悲しみを乗り越え、少し大人になった姿にも、期待が高まる。

【桜田ひより(笛口雛実 役)コメント】
前作に続いて、笛口雛実役として出演させて頂きます。
雛実としてこの作品に呼んでいただけたことがとても嬉しく、ワクワクしながら現場に向かっていました。
悲しい出来事を乗り越え、少しだけ大人になった雛実に再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした。

【STORY】
食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。
大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。
そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。
月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。
だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。
カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

作品情報

『東京喰種トーキョーグール2(仮)』
2019年7月19日(金)全国ロードショー

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
出演:窪田正孝、松田翔太、山本舞香、白石隼也、小笠原 海 ほか
配給:松竹
制作スケジュール:2018年10月クランクイン
©表記:©石田スイ/集英社   ©「東京喰種」製作委員会

オフィシャルサイト
http://tokyoghoul.jp/
オフィシャルtwitter
https://twitter.com/tkg_movie
オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/tkg_movie/