猫・ベーコンがくす玉割に挑戦!? 柴咲コウ「映画『ねことじいちゃん』撮影中はずっと猫セラピーを受けてる感じでした」。

猫・ベーコンがくす玉割に挑戦!? 柴咲コウ「映画『ねことじいちゃん』撮影中はずっと猫セラピーを受けてる感じでした」。

落語家・立川志の輔初主演映画『ねことじいちゃん』(2月22日(金)公開)の公開を記念して、1月9日(水)より日本橋三越本店で開催される公式写真展『ねことじいちゃん』。本日1月8日(火)、レセプションが行なわれ、ヒロイン役の柴咲コウ、岩合光昭監督、猫のベーコンが登壇した。

柴咲、岩合監督、主演猫タマを演じたベーコンが登場。さっそく、ベーコンはくす玉開きに挑戦するも、なかなか割る紐が引けず試行錯誤。やっとのことでくす玉が割れると、会場はあたたかい拍手に包まれた。岩合監督は「ベーコンは役者としてはすばらしい猫なのですが、今日は皆さま大勢いらっしゃるので、多分珍しく緊張したんだと思います」とコメントしベーコンをフォロー。

続けて、「おかげ様で、映画『ねことじいちゃん』いよいよ公開が迫ってまいりました。立川志の輔師匠が撮影に入るときに、お願いするまでもなくすぐにベーコンを抱いてかわいがってくださって。でも、3日後くらいに撮影に入った柴咲さんの顔を見るなり、師匠の腕をすり抜けてベーコンは柴咲さんのところにまっしぐら。師匠は『オスだから仕方ないなって』そう言ってましたね(笑)」と撮影の裏話も披露した。

幼いころから大の猫好きという柴咲は、「猫好きとしては、絶対でたい! ましてや、岩合さんの初監督作品で、そこに私も出させていただけるならって、出演を決めました」と本作への出演は即決であったとコメント。岩合監督は「柴咲さんには最初のシーンでお叱りを受けて。笑顔で『OK』って出したら、柴咲さんがやってきて、『監督は猫しか見てなかったんですね。私の方も見てね』って、かわいくお茶目に言われました。僕が猫に集中しちゃってて、人の動きを見ていなかったので。図星でした」と撮影時のエピソードを披露し、柴咲は「私じゃなくて、人間のお芝居も見てねって」と微笑みながら訂正をしていた。

さらに、本作での演技について柴咲は、「撮影の時は“オンモード”になるのですが、猫といると、どういう顔して立ってたら良いのかわからなくて、カメラの前にいるのに、こんなにとろけた表情で良いのかなって。でも、きっとそれを岩合さんは撮りたいんだろうなって。日常とお芝居に境目がないような状況で撮影できたので、それがよかったなって。ずっと猫セラピーを受けてる感じでした」と振り返った。

本作で2年前になくなった大吉の妻・よしえを演じた田中裕子について岩合監督は、「田中さんの演技力がすごくて。タマ(ベーコン)が近づくと『タマ』と優しく声をかけてくださるのですが、そのときは、表面で優しく声をかけながら、目は本当に死にゆく人の目をされていて。モニターを見ていて震えるくらい感動しました」とその演技を絶賛。柴咲は「人間にも興味をもってもらえましたね」と笑顔でコメントした。

最後に、柴咲は本作について「どのカットを観ても猫が登場するような、そんな映画って今までないんじゃないかなって思います。都合で映してるって感じではなくて、本当にどのカットでも猫ちゃんが生き生きと過ごしているなって。人間の生活とか、豊かさが描かれていてすてきな映画になったと思います」。岩合監督は、「撮影の舞台になった佐久島は猫がたくさんいて、本当にすばらしい島なので、ぜひ訪れていただきたいです」とコメントし、イベントは和やかな雰囲気で幕を閉じた。

なお、岩合監督が撮りおろしたスチールフォト約160点が展示されている本展は、1月9日(水)から1月21日(月)まで日本橋三越本店 新館7階催物会場で開催される。

イベントフォトギャラリー

写真展の様子

【STORY】
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

作品情報

『ねことじいちゃん』
2019年2月22日(金)全国ロードショー

原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊
監督:岩合光昭 
出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、田中裕子、柄本 佑、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之 ほか
脚本:坪田文
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会 
©2018「ねことじいちゃん」製作委員会
©Machi Iwago

オフィシャルサイト
http://nekojii-movie.com/

イベント情報

岩合光昭写真展『ねことじいちゃん』
1月9日(水)〜21日(月)
日本橋三越本店 新館7階催物会場
午前10時~午後6時30分(午後7時閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料(税込):一般・大学生800円、高校・中学生600円、小学生以下無料

写真展オフィシャルサイト
http://nekojii-photoexhibition.jp/

「ねことじいちゃん」原作