乃木坂46、『はたちの献血』キャンペーンキャラクターに就任!「人との“繋がり”によって誰かの力になれる」

乃木坂46、『はたちの献血』キャンペーンキャラクターに就任!「人との“繋がり”によって誰かの力になれる」

日本赤十字社が、1月9日、品川プリンスホテル アネックスタワー 「クラブeX」にて、あらたにキャンペーンキャラクターに就任した乃木坂46の齋藤飛鳥、星野みなみ、堀 未央奈、山下美月、与田祐希を迎えて、『はたちの献血』キャンペーン記者発表会を開催した。

キャンペーンキャラクターの就任について齋藤は、「(献血について)知ってはいましたが、今回キャンペーンキャラクターに就任してから学ぶことが多くありました。私たちが就任することで、若い世代の方々にも広めていけたらと思います」とコメント。

その言葉を受けて、司会から献血に対するイメージを聞かれた与田は、「アイドルとしての活動と、似ている部分があるなと思いました。握手会でファンの方に『元気づけられたよ』と言われるとうれしいのですが、自分を必要としてくださっている“誰かのために”という部分が、献血も共通しているなと思いました」と笑顔で回答した。

1月より放送され 、5人が登場している新CM『エール』篇は「あなたがいなければ、つくれないもの。」がテーマ。山下は「このCM撮影を通して、献血についての知識をたくさん身に着けることができました。CMを観ていただく方にどうすればメッセージを届けられるのか、意識して撮影に臨みました。さっそく、『CM観たよ』というファンの方もいらっしゃって、より多くの方に届けられたらと思います!」と、うれしそうに語った。

さらに、お菓子やジュース、雑誌を常備していたり、ときにはネイルサービスも行なっていたり、若い年齢層がより行きやすくなるように工夫をしている献血ルームに関して話が広がった。

また、齋藤は昨年の夏に二十歳(はたち)になったばかり。はたちになってから初めての正月ということで、“新成人”というお題で書き初めを披露。「“繋”です! 2018年はメンバーの卒業や加入など、人との“繋がり”を強く意識した年でした。はたちの献血キャンペーンキャラクターに就任したことで、人との“繋がり”によって誰かの力になれると感じ、今年は“繋がり”を大事にしたいと思います」と笑顔で今年の抱負を語った。

最後に、全国の人に向けてメッセージを聞かれた星野は、「自分だけでは小さな力ですが、集まれば大きな力になると思います。ファンの方々や同世代の方々に献血について伝えていくのが私たちの務めだと思っています」と熱い想いをコメント。

続けて、「10代20代の方は献血について知らない人がまだまだ多いと思います。駅前などに 献血ルームがある街では、お買い物の途中や仕事の合間など気軽に献血ができることを知ってほしいです」(堀)、「私も、ちょうど今年で二十歳になります。大人になるひとつの区切りとして、責任と自覚を持って、同世代の方に献血を知っていただけるように努めていきたいです。一人ひとりが献血について学ぼうという姿勢を持つことが大事になってくるのだと思います」(山下)とコメントし、本イベントを締めくくった。

『はたちの献血』キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期の献血血液の確保と、医療機関へ安定的に血液製剤を供給するために、あらたに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く国民各層に献血に対する理解と協力を求めることを目的に、1月から2月の期間、実施される。

【乃木坂46メンバー コメント】
Q1. 発表会が終わって新キャンペーンキャラクターに就任された意気込みをお願いします。
堀:今回キャンペーンキャラクターに就任させていただいて、私自身も献血についての知識が増え興味を惹かれましたし、献血について10代20代の方や身近な人に、もっと知ってもらえるよう精いっぱい頑張りたいと思います。

山下:出演しているCMや活動を通して、もっと同世代の方に献血について知っていただけるように広めていければと思います。

齋藤:今までは献血は自分の生活とは強く結びつかないなと思ってしまっていたのですが、今回の活動を通して、そうではないということに気が付きました。なので、私たちを通して献血についていろいろと知っていただければと思います。

星野:乃木坂46として、たくさん献血について知っていただくキッカケを作れるようにがんばりたいと思います。

Q2. 2019年の目標をお願いします。
堀:昨年はメンバーの卒業や加入があったので、あらたな乃木坂46ができていく年ではないかと思います。個人的には、初主演の映画の公開が控えているので、たくさん観ていただけるようにがんばりたいと思います。

山下:お仕事の目標としては、個人のお仕事をやらせていただいている機会も多いので、グループのみんなとの時間を大切にする1年にしたいです。

齋藤:グループのみんなと、楽しく平和にやれたらいいなと思っています(笑)。

与田:乃木坂46のメンバーとしては大好きな先輩の卒業や、4期生の加入など変化があったので、今年も変わっていくのだろうなと思います。私自身も大きくなれるようにがんばっていきたいと思います。またプライベートでは、料理ができるようになりたいなと思います。

星野:毎年目標がないのですが……(笑)。今年はメンバーとたくさん思い出を作る1年にしたいと思っています。また、後輩にもたくさん教えられるように自分もパワーをつけたいです!

リリース情報

2018.11.14 ON SALE
乃木坂46
SINGLE「帰り道は遠回りしたくなる」


乃木坂46 オフィシャルサイト 
http://www.nogizaka46.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC