葉加瀬太郎が奏でる美しくも切ない旋律! 登坂広臣&中条あやみ W主演映画『雪の華』スペシャルMV解禁

葉加瀬太郎が奏でる美しくも切ない旋律! 登坂広臣&中条あやみ W主演映画『雪の華』スペシャルMV解禁

2月1日(金)に公開される、登坂広臣と中条あやみW主演映画『雪の華』より、本作の劇伴を担当する葉加瀬太郎のスペシャルMVが解禁された。

本作は、今年発売から15周年を迎える冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」を、新鋭・橋本光二郎監督と、数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和の脚本で映画化したもの。登坂が、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔、中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪を演じる。

葉加瀬は、セリーヌ・ディオンのワールドツアーツアーに参加するなど、世界でも絶大な評価を得ているほか、“情熱大陸のテーマ”でお馴染みの楽曲の演奏でも広く知られ、国内・国外問わず活躍するヴァイオリニスト。

この度解禁された映像では、葉加瀬の奏でる美しくも切ない「雪の華」の旋律が、悠輔と美雪の最後の恋の行方をよりドラマティックに演出している。

本作の劇伴すべてを初めて手掛けた葉加瀬は、「作品全体を通して、徐々に心に沁みていくのが理想ですね。それは、すべての音を手掛けるからこそ初めてできることで、とても楽しい作業でした」とコメント。本編の見どころについては、「それはもう、ラストです。間違いなく。雪の華もオーロラも、その美しさは儚さにあります。消えてなくなるから美しい。音楽も同じ。最後のシーンに、綺麗なヴァイオリンの音をのせたい」と語り、“宝物のような曲ができた!”と語るほどの自信作を堪能できる貴重な映像だ。

【STORY】
「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
———幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は<約束の地>フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

作品情報

『雪の華』
2019年2月1日(金)全国ロードショー

出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一

監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会

『雪の華』オフィシャルサイト 
http://yukinohana-movie.jp