とまん、映画『十二人の死にたい子どもたち』で十三人目の“死体役”を熱演!

とまん、映画『十二人の死にたい子どもたち』で十三人目の“死体役”を熱演!

1月25日(金)に全国公開される映画『十二人の死にたい子どもたち』で十三人目の“死体”役を、モデルや俳優として活躍中のとまんが演じていることが明らかとなった。

杉咲 花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、橋本環奈ら若手超オールスターキャスト6人に加え、ドラマ「池袋ウエストゲートパーク「SPEC」シリーズで数々の若手俳優を発掘し続けてきた堤 幸彦監督にオーディションで選ばれた吉川 愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗ら将来の活躍が期待される俳優6人が集結することで大きな話題を集めている本作は、<安楽死>を求め廃病院へと集まった見知らぬ十二人の死にたい<未成年たち>によって繰り広げられる密室サスペンス。「みんなで死ねば、怖くないから」と思っていた矢先、十三人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。彼らだけしか知らない計画のはずだったが、十三人目が現れたことにより、彼らの安楽死は阻まれてしまう。あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。この十二人の中に殺人鬼がいるのか? 死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、十二人の死にたい理由が生々しくえぐられていくなかで、とまんの存在は“謎”そのものであり、本作で描かれる“密室サスペンス”の柱という重要な役割を果たす。

さらに、本作の公開を記念して十三人目の死体役“生”実演を、1月19日(土)に新宿ピカデリーの1Fエントランスにて開催! “生”実演ということで、なんと、とまん自らが十三人目の死体役として登場する。2019年早々に、衝撃的な企画として、さらに話題になりそうな予感だ。

十三人目の死体役”生”実演
日程:1月19日(土) 時間:正午から不定期
場所:新宿ピカデリー 1F エントランス
登壇(敬称略):とまん
備考:劇場オープン時より整理券配布の上、各回人数制限を設け複数回実施予定。スケジュールを含む、詳細を追って公式HP・公式Twittterにて発表。

【STORY】
安楽死志願者12人(全員未成年)+死体1人
ミッション:集団安楽死 
ルール:死に方、タイミングが12人全員一致すること。
場所:廃病院
メンバー:見知らぬ12人の未成年

集団安楽死をするために集結した12人の未成年。彼らの目の前に現れた、ルール違反の13人目のまだ生あたたかい死体によって、ミッション達成が崩壊しだす。剥き出しになる12人の死にたい理由と、同時進行する犯人捜しへの追及。リアルタイム型・密室ゲームがスタートする!

作品情報

映画『十二人の死にたい子どもたち』
2019年1月25日(金) 廃病院集合


出演:杉咲 花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜 橋本環奈 吉川 愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音 竹内愛紗
監督:堤 幸彦
脚本:倉持 裕
原作:冲方 丁「十二人の死にたい子どもたち」(文藝春秋刊)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://shinitai12.jp

『十二人の死にたい子どもたち』原作