岡田准一×土屋太鳳×白石麻衣×北村匠海 豪華共演! ソフトバンク新テレビCMシリーズ 「ギガ国物語」スタート

岡田准一×土屋太鳳×白石麻衣×北村匠海 豪華共演! ソフトバンク新テレビCMシリーズ 「ギガ国物語」スタート

岡田准一、土屋太鳳、白石麻衣、北村匠海を起用したソフトバンクの新テレビCMシリーズ「ギガ国物語」の『はじまり』篇・『Wi-Fi 難民』篇が、1月12日(土)より順次オンエアされる。

本CMシリーズでは、岡田演じるリーダーの「オカダ」、土屋演じる真面目で純粋な妹的存在の「タオ」、白石演じる常に冷静沈着でりりしい「シライシ」、北村演じる気弱で他力本願ながら愛されキャラの「タクミ」の4人の旅人と、高性能AI搭載ロボット「サトウ」という個性的な面々が、「ギガ国」で起きている「ギガ不足」の現状に直面しながら旅をするというストーリーだ。

【撮影エピソード】
・岡田絶賛! 細部にまでこだわった丁寧なセット作りに「なかなかお目にかからないスケール」
「ギガ国」の市街地は、スタジオの中に作られたセット。朽ちたレンガの壁やゴツゴツとした石畳、路地に面した家の入口に飾られたレリーフや、渡したロープに無造作に干されている洗濯物、砂が舞いところどころから立ち上がる蒸気など、見事に具現化された「ギガ国物語」の世界観は、製作スタッフ、美術スタッフの努力の結晶。「すごいですよね。(丁寧に作り込まれた)セットが。衣装なども含めて、映画関係者がうらやむようなスケール感ですね。世界の映画クラスだと思います」と、その細部にまでこだわった丁寧な仕事ぶりに、岡田からも最大級の賛辞が送られた。

・重装備な衣装をまとう土屋に「めっちゃ戦えそう!」
「ギガ国」内の「Wi-Fi エリア」での撮影シーンでは、砂嵐の中をくぐり抜けてきた末にたどり着くという設定のため、出演者は分厚いコートにマントの重ね着、手にはグローブ、さらに防塵マスクに無骨なゴーグルを携行する重装備。そんな土屋、白石の衣装を見て、岡田は「二人とも似合うよね、こういう格好が」とコメント。「え?」と不思議がる土屋に「めっちゃ戦えそうだもん!」と岡田が答えると、「いや、岡田さんの方が戦えそう」と土屋。その後も、白石の衣装についているお花に岡田と土屋が反応したりと、和やかな雰囲気の中での撮影スタートとなった。

・頬を“ギュッ”は、久しぶり!?
ギガ国物語『Wi-Fi 難民』篇の終盤、「ギガー!」と叫ぶ北村の頬を、白石が「うるさい! 増えないって言ってんだろ!」と強い口調で言いながら両手で“ギュッ”と掴むシーン。監督からの「もっと力強く!」の指示が出るたびに、「大丈夫ですか?」と北村を気遣いながらも、「はい、OK!」の監督の声と同時に、「すみません! ありがとうございました」と申し訳なさそうに北村に向けて手を合わせる白石。人の頬を掴んだり、つねったりするシチュエーションって、なかなか無いだろうと思い、白石に「人の頬をつねったのっていつ以来ですか?」と尋ねたところ、「けっこう(乃木坂 46 の)メンバーの頬をつねってるんですよ(笑)。 う~ん、久しぶりではなかったかもしれないです(笑)」と答えた。


ギガ国物語特設サイト
https://www.softbank.jp/mobile/special/gigakoku/