詞曲は川谷絵音! コレサワ、ROLLY、ウエノコウジ、加藤 茶、バンド“originals”結成で新成人にメッセージ!

詞曲は川谷絵音! コレサワ、ROLLY、ウエノコウジ、加藤 茶、バンド“originals”結成で新成人にメッセージ!

相模ゴム工業が、“sagami original”シリーズの誕生20周年を記念したプロジェクト『あっちゅーまやねん人生』を1月10日から開始。プロジェクトソング「あっちゅーまやねん人生」を特設サイトおよびYouTubeで公開した。

プロジェクトソング「あっちゅーまやねん人生」の作詞/作曲は、川谷絵音。そしてこの歌を届けるために、バンド“originals”を結成! メンバーに、コレサワ(vo)、ROLLY(g)、ウエノコウジ(b)、加藤 茶(ds)が起用された。

「自分の正直な気持ちを伝えにくくなってきているこの社会において、怖がらないで自分の気持ちを正直に伝えるべきではないだろうか」 というメッセージを、20周年を迎えた“sagami original”から新成人に伝えていく。

楽曲に込められた想い
自分の正直な気持ちを伝えることが難しくなっている現代社会。自分の気持ちを正直に相手に伝えるというコミュニケーションの不足が、人を愛し、愛し合うという人間の本能までも抑え込んでしまっているのではないだろうか。人生はそんなに長くない。自分を押し殺したままでは、20代なんてあっという間に過ぎ去ってしまう。「恐がらずに自分の気持は正直に伝えるべきではないだろうか。」このメッセージを、平成最後の年に20歳になる新成人に伝える。

・ミュージックビデオの見どころ
まず何と言っても川谷の楽曲の素晴らしさ。そして、楽曲に負けないくらいのROLLYとウエノの迫力あるパフォーマンス、加藤の洗練されたドラムのスティックさばきも見どころだ。

もうひとつの大きな見どころは、顔出しNGのアーティスト、コレサワの素顔に、「自分らしく生きている人たち」の顔が次々と最新のDeepfakesという技術で乗り替わっていく不思議な映像。

この「自分らしく生きている人たち」には、作家の乙武洋匡、元日本ハムファイターズの森本稀哲、ジャーナリストの堀 潤、女優・モデルの美元、イベントプロデューサーの小橋賢児ら、20歳にかけて総勢20名が参加。監督には数々の有名作品を生み出している映像作家・柿本ケンサクを起用している。

【“originals”メンバー コメント】
・川谷絵音(作詞/作曲)
20歳のときなんて、何も考えてなかったし、まだバンドなんてやってなかったし、曲も作ってなかった。今30歳だけど10年なんてあっちゅーまやねん。いろいろあるよ、これから。でも、あっちゅーまだから後悔しないようにね。

・コレサワ(ボーカル)
20歳のときは、自分のことがあまり好きではない時期だったので、記憶があんまりないんです。唯一の思い出は、お祝いでおじいちゃんとお母さんからギターをもらったこと。今でもずっと使っているこのギターと一緒に、これから音楽頑張るぞって決めたのが20歳のとき。今、26歳だけど、この6年間は2年くらいのスピード感で過ぎ去ってしまったので、みんな自分の好きなことを貫いていってほしいなと思います。

・ROLLY(ギター)
20歳の頃はサルでしたね。今考えるとたくさん恥ずかしいことや、人を傷つけたりしたと思う。ただ、これまでずっとやり続けてきたのはギターで、ギターを持つと弾きまくってきた。今年成人を迎える皆さんに言いたいのは、“これは大変だ” “今度こそダメかもしれない”ということにぜひチャレンジしてほしい。それができたときの喜びは最高に気持ちいいから。今回、弾いてみて、僕すごい感じたので。

・ウエノコウジ(ベース)
20歳のときは極貧だった。お金がなくて大変だった。成人式に着ていくスーツも買えなかった。でも、バンドをやれることが楽しかった。そして、今もバンドをやっている。ご飯が食べられなくなったとしてもバンドは続ける。20歳に戻れてもバンドをやるかな。俺は好きなことしかやってないけれど、早く好きなことを見つけた人が勝ちだなと思うよ。あと、成人式に出れる人は出たほうがいいよ。俺はその日もバイトしてたけど。

■加藤 茶(ドラム)
20歳のときは、ドリフターズで本格的に音楽とお笑いをやっていこうという目標が見えたとき。でも、20歳に戻れたら土地を買いまくるね(笑)。でも、音楽とお笑いはやると思うよ。毎年いろんなところで、いろんな成人式があって。若い人は成人式やるまでは好きなことをやっていいんじゃない? 暴走するのも若さ。でも、成人式が終わったら、これをきっかけにリセットしてこれから大人になっていってほしい。そういう成人式にしてほしい。

 


『あっちゅーまやねん人生』特設サイト
https://www.sagami-gomu.co.jp/so20th/originals/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC