映画『アクアマン』日本語吹替は安元洋貴、田中理恵、中村悠一ら豪華声優が担当! 世界興収は1000億円突破

映画『アクアマン』日本語吹替は安元洋貴、田中理恵、中村悠一ら豪華声優が担当! 世界興収は1000億円突破

2月8日(金)より上映される映画『アクアマン』の日本語吹替声優が発表された。

本作は、ド派手とド迫力を追求し、カーアクションシリーズの最大ヒットを記録したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督の最新作。海外では日本に先駆けて公開されており、全世界での興行収入はすでに9 億 4000 万ドル(1024億6000万円)を突破。10億ドル突破も目前にまで迫っている。

そんな大ヒットを記録している本作は、吹替声優陣も超豪華。海時速160キロで泳ぎ、人間の150倍もの力があり、あらゆる海洋生物を操る強面ヒーロー・アクアマンは、アニメ『鬼灯の冷徹』の鬼灯役や、『弱虫ペダル』の金城真護役などでお馴染みの安元洋貴が演じる。

また、本作のヒロインで、アクアマンと一緒に海底帝国アトランティスの地上征服を阻止するべく奮闘するメラ役は田中理恵。アクアマンの弟で、海底帝国アトランティスの王でもあるオーム役は中村悠一。アクアマンの母アトランナ役は沢城みゆき。そして、少年時代のアクアマン役は村瀬 歩が担当。

アクアマンを演じた安元は、「ただの男前ではないヒーローであるアクアマン。そんな男に声で助力出来てしあわせです。『カッコいいとはこういう事だ』を体現してくれた漢の生き様を皆さん是非楽しんでください。」と、熱い意気込みを語ってくれている。

【STORY】
人間として育てられた、海底王国アトランティスの末裔にして、サメをはじめ海の生物すべてを従えて戦うことができる男、アクアマン。地上を超える未知の文明をもったアトランティス帝国が、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは――地上か、それとも海か。

作品情報

映画『アクアマン』
2019 年2月8日(金) 3D/4D/IMAX® 同時公開

監督:ジェームズ・ワン
キャスト:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン
配給:ワーナー・ブラザース映画 
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/