世界興収は1000億円突破! 映画『アクアマン』でヒロインを演じるアンバー・ハードが緊急来日決定

世界興収は1000億円突破! 映画『アクアマン』でヒロインを演じるアンバー・ハードが緊急来日決定

アクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督の最新作『アクアマン』で、ヒロインのメラを演じたアンバー・ハードの来日が緊急決定! 2月4日(月)に本作のプロモーションのためにキャンペーンを行う予定だ。なお、アンバー・ハードの来日は、自身の出演作のプロモーションとしては今回が初となる。

アンバーが演じるメラは、主人公アクアマンと共に、海底帝国アトランティスの地上征服を食い止めようと奮闘するヒロイン。美しいだけでなく、水を自在に操る力と持ち前の気の強さで窮地に立たされたアクアマンのピンチを幾度も救う程の大活躍をみせる、最強の美女ヒロインだ。真面目で気の強いメラとぶっきらぼうでいいかげんなアクアマンの凸凹でユーモラスなコンビネーションも本作の見どころの一つとなっている。

アンバーは自身の役柄に関して、「監督のジェームズも、脚本家も、プロデューサーも、メラをかよわいプリンセスにはしなかった。そこがこの作品のすばらしいところね。」と語り、主人公に助けを求める昔ながらのヒロインではないメラのキャラクターに惚れたことを明かす。「メラはアクアマンの胸ぐらをつかみ、居心地のいい地上の世界から引き離すの。アクアマンと一緒にアトランティスの地上征服を阻止するためにね!」と語り、主人公のアクアマンすら尻に引いてしまう程の活躍をみせることを匂わせた。ジェームズ・ワン監督は「アンバーに初めて会った時、とてもチャーミングで存在感があることに驚きました。メラは女の子たちの憧れになるんじゃないかな。彼女も同様に強くて賢い女性ですからね。」と語り、メラの魅了はアンバーの魅力そのものであることを明かしている。

物語の鍵を握る超重要人物・メラを演じたアンバーは、2月8日(金)の日本公開を前に一体何を語るのか、今から期待に胸が膨らむ!

【STORY】
人間として育てられた、海底王国アトランティスの末裔にして、サメをはじめ海の生物すべてを従えて戦うことができる男、アクアマン。地上を超える未知の文明をもったアトランティス帝国が、人類の支配を狙い侵略を始めたとき、彼が守るのは――地上か、それとも海か。

作品情報

映画『アクアマン』
2月8日(金) 3D/4D/IMAX® 同時公開

監督:ジェームズ・ワン
キャスト:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマン、パトリック・ウィルソン、ウィレム・デフォー、ドルフ・ラングレン
配給:ワーナー・ブラザース映画 
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/