舞台『Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-』ついに開幕

舞台『Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-』ついに開幕

1月11日より舞台『Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-』が、大阪・サンケイホールブリーゼにて開幕した。公演に先駆けて行われたゲネプロの模様と、さらにメインビジュアル第二弾が届いたの紹介する。

今回の時代は紀元前2655年の古代メソポタミア。まだ人間と神が共存していた、神秘の残る世界が、舞台上に出現。まるでゲームのキャラクターがそのまま飛び出してきたようなキャストたちが、舞台せましと活躍し、またウルクの街の賑やかさや魔獣との激しいアクション、女神たちとの闘いや駆け引きなど、さまざまな表現で物語が紡がれる。

時にはコミカルなシーンや観客も一緒に盛り上がれるシーンもあり、笑い声や手拍子などが溢れる公演となった。さらに、今回はアンサンブルや街の民たちの演じる「ウルクの民」も重要な役割を担い、彼らがさらに舞台を盛り上げた。

大阪・サンケイホールブリーゼでの公演は1月14日まで。東京・日本青年館ホールでの公演は1月19日(土)~1月27日(日)まで行われる。さらには男女両マスターの千秋楽公演をライブ配信することも決定。また、6月26日(水)に本公演の模様をBlu-ray&DVDとして発売される。詳しくは公式ホームページをチェックしよう。

Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-

大阪公演:1月11日(金)~1月14日(月・祝)  サンケイホールブリーゼ
東京公演:1月19日(土)~1月27日(日) 日本青年館ホール

【STORY】
西暦2015年。魔術がまだ成立していた最後の時代。人理継続保障機関・カルデアは、魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、人類の決定的な絶滅を防ぐため、人類史を存続するため日夜活動を続けていた。そんなある日、近未来観測レンズ・シバにより、2017年で人類の未来が焼却される――人類が絶滅することが証明されてしまった。歴史上のさまざまな箇所に突如として現れた「観測できない領域」――特異点。カルデアはこれを人類絶滅の原因と仮定し、過去への時間旅行を決行。藤丸立香、マシュ・キリエライト、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ロマニ・アーキマンらカルデアのメンバーは特異点の事象に介入することで、これを解明、あるいは破壊する禁断の儀式、その名を“聖杯探索(グランドオーダー)”を行っている。今回、新たに見つかった七つめの特異点は、紀元前2655年の古代メソポタミア。ギルガメッシュが不老不死の霊草探索を終え、完成された賢王として君臨する繁栄の時代。しかし、三女神同盟と数多の魔獣によりメソポタミアは蹂躙され滅亡の危機にあった。賢王ギルガメッシュはバビロン市を解体し要塞都市バビロニアとして再建、魔獣の猛攻を食い止めていた。レイシフトした先で魔獣に追い詰められた藤丸たちを助けたのは、“エルキドゥ”と名乗るサーヴァントだった。そして、遂に姿を現した伝説の魔術師・マーリン。神々と魔獣、そして人類。種の存亡を賭けた戦いが、いまはじまる。

原作:Fate/Grand Order
脚本・演出・作詞:福山桜子   
音楽:大塚 茜      
主催:「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」プロジェクト
出演
ギルガメッシュ 役:丘山晴己
エルキドゥ 役:山﨑晶吾
藤丸立香 役:大海将一郎/坂本澪香(Wキャスト)
マシュ・キリエライト 役:ナナヲアカリ
マーリン 役:瑛(あきら)
アナ 役:桑江咲菜
イシュタル 役:八坂沙織
エレシュキガル 役:川村海乃
ケツァル・コアトル 役:赤井沙希
ゴルゴーン 役:護あさな
シドゥリ 役:門山葉子
レオナルド・ダ・ヴィンチ 役:RiRiKA
ロマニ・アーキマン 役:井出卓也  
奏者 役:美鵬直三朗                        
アンサンブル
加藤貴彦、前原雅樹、西田健二、穴沢裕介、増山航平、早川一矢、KiKi、田口恵那、大久保芽依、竹井未来望                           

『Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-』オフィシャルサイト
https://stage.fate-go.jp/
『Fate/Grand Order THE STAGE –絶対魔獣戦線バビロニア-』オフィシャルTwitter(@fgothestage)
https://twitter.com/fgothestage?lang=ja