舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ』が開幕!

舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ』が開幕!

舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ』が1月12日よりシアターGロッソにて上演中だ。2018年6月に上演され、熱い青春ドラマとアイドルたちのキレのあるパフォーマンスで好評を博した舞台『アニドルカラーズ!キュアステージ~シリウス学園編~』が、ライブステージをメインにしたエンタテインメントショーとなった舞台。そのゲネプロが11日に行われた。

物語の舞台は、動物の能力を持つアニマルアイドル(通称アニドル)を夢見る少年たちが通うシリウス学園。観客は彼らを癒すキュアマネージャーとして、7人組の個性豊かなユニット・7Colorsと、学内1の実力を誇る4人組・Clarityのパフォーマンスを見守ることになる。



本公演のスタートを飾ったは、  7Colorsの 「Ride on☆7 Dream! 」。アイドル衣装に身を包んだ 7Colors7の7人がステージに登場し、「Ride on ☆7 Dream!」の掛け声とともにライブがスタート! 未来に向かって突き進む前向きな歌詞とキュートなダンスパフォーマンスで一気にアニドルの世界に。

続けて登場したのは、学園No.1グループClarity。7Colorsの軽快な楽曲から一変し、「Delicious night!」でセクシーかつハードなダンスパフォーマンスを魅せて、会場の空気をClarity色に塗り替えた。

新曲「Sirius resonance」(7Colors)と「KeepOn」(Clarity) 含めた4曲のパフォーマンスが終わると、学校のチャイムが鳴り響き、制服姿のキャラクターたちが登場。学園内の日常を描いた演技パートがあるのも本公演の見所の一つとなっており、個性豊かな彼らの日常の様子に、会場中から笑いった。

シーンが再びライブパートに切り替わると、昨年12月に発売したばかりの新曲「Welcome to Our LAND!」のポップなイントロに合わせ、左右・正面から7Colorsのメンバーが登場。思わず一緒に踊りたくなるような可愛らしいダンスで会場を沸かせ、続くClarity「TEMPTATION’S KISS」では、学園No.1グループ名に相応しい洗練されたパフォーマンスで、客席をさらにアニドルの世界に惹き込んでいく。

ステージ中盤では、蓮水巴瑠(樋口裕太)による美のお悩み相談「教えて!巴瑠先生!」のコーナーや7Colorsによる「あっち向いてほい大会」など、日替わりの演出も多く盛り込まれており、何度でも楽しめる内容になっている。

そして本編のラストを飾ったのは、7Colorsによる初演舞台オリジナル曲「Over the Rain」。しっとりとした歌い出しで始まり、サビの盛り上がりではClarityメンバーも登場。最後は全員で歌い上げ、本編は終了した。

会場の熱気が冷めやらぬ中、舞台初披露となる新曲「StarryStories」のイントロが始まりでアンコールがスタート。本公演の大きな目玉でもある日替わりシャッフルユニットによるパフォーマンスとなっており、初日昼公演と同じく柚木真哉(小林 涼)、金森碧叶(植田慎一郎)のペアと夏月 雫(西野龍太)、蓮水巴瑠(樋口 裕太)のペアが登場。毎公演ごとにペアとなるキャラが異なるので、この瞬間だけの演出を是非会場で目に焼き付けたいところだ。

そしてアンコールのラストを飾るのは、再び7Colorsの「Ride on☆7 Dream!」。Clarityメンバーも登場し、11人でタオルを片手に曲を盛り上げ、会場もヒートアップ。最後はメンバーと会場が一体となり、笑顔溢れるかたちでゲネプロは幕を閉じた。

アニドルカラーズ!キュアステージ

1月12日(土)~1月20日(日) シアターGロッソ

原作:アニマルアイドル育成ゲーム「アニドルカラーズ」
演出・振付:MAMURO
企画・制作・主催:ADKアーツ
監修:ボルテージ
出演
朝日悠希 役:辻 諒
夏月斗羽 役:阿部快征
不知火 颯 役:岸本勇太
蓮水巴瑠 役:樋口裕太
土岐結人 役:登野城佑真
柚木真哉 役:小林 涼
金森碧叶 役:植田慎一郎
春宮亜蘭役:荒 一陽
夏月 雫 役:西野龍太
寿秋 誉 役:田中晃平
冬弥 要 役:白石康介
司東真幸 役:米原幸佑

吉田邑樹、池田謙信、山口 渓、竹井弘樹、徳留達也

©️Voltage/ADKアーツ

アニドルカラーズ キュアステージ公式サイト
http://anidol-stage.com
アニドルカラーズ キュアステージ公式Twitter(@anidolcurestage)
https://twitter.com/anidolcurestage