乃木坂46の齋藤飛鳥ら出演、『はたちの献血』TVCM『エール』篇“60秒篇版”がOA

乃木坂46の齋藤飛鳥ら出演、『はたちの献血』TVCM『エール』篇“60秒篇版”がOA

日本赤十字社が、平成31年『はたちの献血』キャンペーンを1月1日から2月28日までの2ヵ月にわたり全国で展開する。

『はたちの献血』キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期の献血血液の確保と、医療機関へ安 定的に血液製剤を供給するために、あらたに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く国民各層に献血に対する理解と協力を求めることを目的とするもの。

キャンペーンキャラクターには、乃木坂46の齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希が就任!

5人が出演している、『はたちの献血』の新TVCM『エール』篇は今年1月1日よりオンエアされているが、 そのほかにも様々な動画コンテンツを展開していく。

【平成31年『はたちの献血』キャンペーン はたちの献血『エール』篇(60秒)】
今年1月1日より放映されている『はたちの献血』TVCM『エール』篇。今回、1月14日の成人の日に『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』(テレビ朝日系列全国24局ネット)にて、一度限りの60秒篇がオンエアされる。

昨年はたちを迎えた齋藤飛鳥を中心に、乃木坂46のメンバー5人が新成人や10代20代の若者へ献血の大切さをメッセージ。いつもとは違う、彼女たちの真剣な表情、まっすぐな眼差し、心からのメッセージに注目だ。

◇オンエア日
1月14日(月・祝) 『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』(19:00-21:48)オンエア内にて

◇メイキング
※1月15日(火)正午より、公式HPでもご覧いただけます。
https://ken-love.jp/hatachi/gallery/

■メイキング
真っ白な衣装で撮影に臨んだ、齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈、山下美月、与田祐希。

「衣装も真っ白で、風に吹かれたりする、爽やかなCMになっていると思いますので、ぜひお楽しみに!」と齋藤。監督からのリクエストにも柔軟に対応し、スムーズに撮影を消化していた。

「一人ひとりの献血の興味だったり、参加が、たくさんの命に繋がると思いますので、ぜひ私たちと一緒に献血を知ってい ただけたらと思います」と堀。撮影終了後に実施されたイ ンタビューでは、献血に関する知識量が抱負で、スタッフも驚くほどだった。

「気持ちを込めて、言葉で言うのが難しかったです」と星野。どのように言えば伝わりやすいのか。声のトーンや強弱 など細かいところを、監督やスタッフと密に確認しながら撮影に臨んでいた。

「たくさんの方に献血のことを知っていただけるように、私たちも力になれるよう頑張りたいと思います」と山下。リラッ クスした様子で撮影に臨んでいた。

「今まで、献血のことを知らなかった人にも、たくさん興味を 持ってもらうことができるように、私たちも頑張りたいと思います!」と与田。撮影前、担当者から献血の現状を真剣な眼差しで聞く姿が印象的だった。

【動画コンテンツ『乃木坂46はたちの献血TVshow』】
献血に関する内容を、乃木坂46のメンバーがクイズ形式で伝えるコメントムービー。難しくなりがちな献血の話をキャンペーンキャラクターの5人が、かわいく、わかりやすく紹介する。

CMとは違うリラックスした雰囲気で、メンバーそれぞれの個性が感じられる仕上がり。また、10秒間のシンキングタイムでは、メンバーがアドリブで様々なポーズを披露。お気に入りのポーズをスクリーンショットして楽しもう。

◇公開日時:1月15日(火)正午
https://ken-love.jp/hatachi/hatachi_tv/

■輸血の状況 -齋藤飛鳥- 篇 メイキング
撮影の冒頭、監督から「齋藤さん、普段よりもテンション高めでお願いします(笑)」とリクエストが。「はい、わかりました(笑)」と照れ笑いしながらも、 明るく振る舞うシーン、そして真剣に説明をするシーンでしっかりテンショ ンに差をつけ、スムーズに撮影を進めていく齋藤。クイズのシンキン グタイム中に振る舞うポーズでは、齋藤がセンターを担った“あの曲” のポーズを披露した。

■1日に輸血を必要としている人数 -星野みなみ- 篇 メイキング
「全体的に、ホントかわいい!」と監督が唸るほど、星野らしい演技が 垣間見られた本企画。長台詞を言うシーンでは「何度もすみません……」と多少詰まる部分があり謝る星野だったが、持ち前の明るさで撮影を着実に消化していった。特にシンキングタイムでは、星野のかわいらしさが存分に出たポーズが披露されている。

■献血できる年齢 -堀未央奈- 篇 メイキング
撮影前、監督からの説明を真剣な表情で聞いていた姿が印象的だった堀。「物覚えが良いですね!」と監督も驚くほど、カメラ目線で長台詞を 言うシーンでもスラスラとこなしていた。またシンキングタイムでは、「自由にやってみて」と監督から言われると、 自ら縁に肘をかけ、寄り目での変顔を披露。その意外すぎるポーズに、スタッフからも笑い声が。実際に採用されたそのシーンに注目だ。

■献血者の減少 -山下美月- 篇 メイキング
「よろしくお願いしまーす!」と元気よくスタジオ入りした山下。クイズの シンキングタイムでは、悩む表情や閃いた表情、そしてキメポーズなどたくさんのアイデアが出てくる。しかし献血者の減少について説明する長台詞では、 「うーん……大丈夫かな?」と少し緊張気味。それでも撮影の合間、何度も何度も練習を重ね、本番は無事に成功。山下の影の努力が実ったシーンだった。

■血液製剤の有効期間 -与田祐希- 篇 メイキング
クイズのシンキングタイムシーンでは、かわいらしいウサギのモノマネをするなど、テンポよく演じていた与田だったが、やはり長台詞の部分では、 普段言い慣れない言葉に苦しんだ。時折、言葉に詰まってしまうことに悔しがりながらも、「(もう少し)やってみます!」と自ら望んで練習に取り組み、本番で無事に長台詞の部分を撮影終えると、スタッフ全 員から拍手が。そんな周りの様子に、ホッと安堵していた。

【Twitter動画コンテンツ「広がる!献血宣言」】
Twitter上の特定のツイート(※)をリツイートした人だけが観られる、限定オリジナル動画。“献血行くぞ”と宣言(リツイート)してくれたことに対して、乃木坂46のメンバーが感謝や喜びの表情をみせる。

※特定のツイートとは、「#献血行くぞ宣言」の広告ツイートか、ユーザーにリツイートされた「#献血行くぞ宣言」の広告ツイートにあたります。

公開日時:1月15日(火)正午

■齋藤飛鳥 メイキング
「齋藤さんらしくツンデレで(笑)」とアドバイスを受けた齋藤は、自身の演技を監督とモニターで細かくチェックしながら、順調に撮影を進めていった。また撮影の合間、小道具で使っていた小説を黙々と読んでいた齋藤。 読書好きな一面が垣間見られた。

■堀未央奈 メイキング
廊下での撮影になった堀。「ありがとう。その気持ち、きっと届くと思う」という真っ直ぐなメッセージをカメラ目線で言うことに少し照れながらも、本番になると表情を引き締め、優しい笑顔で順調に演じていった。しかしセリフの最後の最後で詰まってしまいNGに。「あ〜ごめんなさい」としきりに謝って悔しがる堀だった。

■山下美月 メイキング
「このシーンは、アイドルっぽく。山下さんって、“釣り師”(表情とか仕草でファンを虜にすること)?(笑)」と監督から 聞かれて「違いますよ!(笑)」と慌てて否定した山下。しかし、撮影が始まると「友達に訴えかけるように!」「今甘い感じだったので、次はテンション高めで!」「恥ずかしがりながら!」という細かい監督からのリクエストに完璧に対応する山下。また自らも「こんな感じですかね? 間合いとったほうが良いですか?」などと提案し、積極的に撮影に臨む姿が印象的だった。

■星野みなみ メイキング
「みなみが褒めてあげる」とカメラ目線でのセリフでは、星野の良さが全面に出ていたのか、監督が「完璧だね。 星野さんらしさ全開!」とべた褒め。すると監督は、「みなみも一緒に連れてって」別セリフを提案。しかし男性監督から真顔で言われた星野は笑いが堪えきれない様子。監督も、「……あ、僕が言うとあれだね。ごめん!」と謝ると、 星野含めて周りの人たちもさらに笑い声が起きた。

■与田祐希 メイキング
振り向きながら「うれしい。またね!」と本動画を締めくくるシーンを演じた与田。「もう少しオーバーに」「すっごく気持ちを込めてみて」など撮影前に監督から指示があったものの、そのあとは「すごいかわいい!OK!」とほぼ完璧に演じ、スタッフからも驚かれていた。

リリース情報

2018.11.14 ON SALE
乃木坂46
SINGLE「帰り道は遠回りしたくなる」


『はたちの献血』公式サイト
https://ken-love.jp/hatachi/

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC