大杉 漣・佐藤二朗・小日向文世らが支えた人気の“動物シリーズ”の秘密とは? 渋川清彦主演ドラマ『柴公園』第2話あらすじ&場面写真も到着

大杉 漣・佐藤二朗・小日向文世らが支えた人気の“動物シリーズ”の秘密とは? 渋川清彦主演ドラマ『柴公園』第2話あらすじ&場面写真も到着

渋川清彦主演ドラマ『柴公園』。街の公園で、柴犬連れおっさん3人がダラダラと喋るだけの会話劇なのだが、妙にレベルが高い無駄話とテンポよく展開していくストーリーがクセになる。

2006年、犬の声が聞こえる奇抜な設定で人気を博した『イヌゴエ』から始まったAMGエンタテインメント企画・製作のドラマ&映画 “動物シリーズ”。『ネコナデ』『幼獣マメシバ』『ねこタクシー』『猫侍』など、テーマを犬と猫で入れ替えながら地道に続けてきた。東名阪ネット6(テレビ神奈川、テレ玉、チバテレ、三重テレビ、KBS京都、サンテレビジョン)ほかの座組みでスタートし、ジワジワ放送規模が拡大。数ある動物映画の中でも【動物の擬人化禁止】を徹底してきたことで、ペット飼主中心に絶大な支持を得る人気シリーズへと成長した。

ドラマ『柴公園』は12作品目。全作品のオリジナル脚本を担当した永森裕二は、「これまで主演は全てアテ書き(その俳優をイメージして執筆)です」と語る。「『ネコナデ』の大杉 漣さん、『幼獣マメシバ』の佐藤二朗さん、『ねこタクシー』のカンニング竹山さん、『犬飼さんちの犬』の小日向文世さん、『猫侍』の北村一輝さん、そして今回の『柴公園』の渋川清彦さん。ポイントはこの人が犬や猫と戯れたら、どういう化学反応を起すのかという興味がまず最初に浮かんで、そこからキャラを作り、物語にしていきます。『柴公園』ではコワモテの渋川さんが公園のベンチで柴犬と一緒にいる画からスタートしました。アテ書きの怖さは、その俳優さんに断られたらどうしようという恐怖です。書いてきたものが根底から覆ってしまう。幸いこれまでお願いした俳優の皆様にはお引き受け頂いているので助かっていますが。特に『幼獣マメシバ』の佐藤二朗さんにはシリーズとして4作品も主演して頂き、『柴公園』にも同じキャラで登場して頂いています。ただ二朗さんも猛烈に売れてしまったので、今後お付き合いいただけるかどうか(笑)」と独自の創作手法を振り返った。

ドラマ『柴公園』はテレビ神奈川ほか全国12局以上で放送中。また、劇場版が6月14日(金)より全国のイオンシネマ、シネマート新宿ほか公開予定だ。

【第二話あらすじ】
富士見町公園のいつもの朝。あたるパパ(渋川清彦)とじっちゃんパパ(大西信満)は今日もベンチでダベりに花を咲かせていた。いつもおシャンティな洋服を着ているじっちゃんに対し、裸族まっしぐらのあたる。あたるパパは、じっちゃんパパに対し「イヌをヒト扱いしてません?」と気軽に詰め寄ってしまう。その時から、2人と2匹の間に微妙な空気が流れはじめ…!?

作品情報

ドラマ『柴公園』
1月10日(木)よりテレビ神奈川ほか全国12局以上で放送
テレビ神奈川、仙台放送、とちぎテレビ、群馬テレビ、テレ玉、チバテレ、TOKYO MX、KBS京都、サンテレビ、BS12 トゥエルビほか

映画『柴公園』
2019年6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開

出演:渋川清彦 大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野 勝 松本若菜(映画のみ) 蕨野友也(ドラマのみ) 小倉一郎(ドラマのみ) 螢雪次朗(ドラマのみ) 山下真司 寺田 農(映画のみ)佐藤二朗
製作総指揮:吉田尚剛
ドラマ版監督:綾部真弥/田口 桂
映画版監督:綾部真弥
企画・脚本:永森裕二
動物トレーナー:ZOO動物プロ
制作プロダクション:メディアンド
配給:AMG エンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント

©2019「柴公園」製作委員会 

『柴公園』オフィシャルサイト
http://shiba-park.com/