猫好き必見! どこを見ても猫だらけ! 映画『ねことじいちゃん』猫大集合の特別映像解禁

猫好き必見! どこを見ても猫だらけ! 映画『ねことじいちゃん』猫大集合の特別映像解禁

2月22日(金)=“猫の日”に公開される落語家・立川志の輔初主演映画『ねことじいちゃん』の特別映像が解禁された。

本作は、単行本の累計発行部数が28万部を超える、ねこまきによる同名のコミックを、日本人初『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った世界的動物写真家・岩合光昭が映画化したもの。岩合自身、映画監督初挑戦となるほか、ヒロイン役に映画出演が3年ぶりとなる柴咲コウを迎えることでも話題となっている。

このたび解禁されたのは、全シーンの必ずどこかに猫がいるという本作から、猫たちのシーンだけを集めた特別映像。本作の撮影について、特別に猫用の照明まで用意するほどこだわったという岩合監督は、猫たちの繊細な動きや表情をとらえ、近所の三毛猫に恋をし、雨の中これからの生活に思い悩み、決意の表情で島の中を歩く姿など、揺れ動く猫の心情を細部にまでこだわり、人間と猫の日常をかつてないほど表情豊かに描きだしている。

なお、本映像のフルバージョンは、日本橋三越本店で開催中(1月21日(月)まで)の岩合光昭写真展『ねことじいちゃん』会場内大型モニターで放映中だ。

【STORY】
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課はタマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしている。しかし友人の死や大吉自身もいままでにない体の不調を覚え、穏やかな日々に変化が訪れはじめた矢先、タマが姿を消して―。
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生の選択とは―?

作品情報

『ねことじいちゃん』
2月22日(金)全国ロードショー

原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊
監督:岩合光昭 
出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林 薫、田中裕子、柄本 佑、銀粉蝶、山中 崇、葉山奨之 ほか
脚本:坪田文
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会 
©2018「ねことじいちゃん」製作委員会

オフィシャルサイト
http://nekojii-movie.com/

イベント情報

岩合光昭写真展『ねことじいちゃん』
開催中〜21日(月)
日本橋三越本店 新館7階催物会場
午前10時~午後6時30分(午後7時閉場)
※最終日は午後5時30分まで(午後6時閉場)
入場料(税込):一般・大学生800円、高校・中学生600円、小学生以下無料

写真展オフィシャルサイト
http://nekojii-photoexhibition.jp/

「ねことじいちゃん」原作