アニメ『ULTRAMAN』江口拓也演じるSEVENのスーツ設定画が解禁! 主題歌はOLDCODEXが担当

アニメ『ULTRAMAN』江口拓也演じるSEVENのスーツ設定画が解禁! 主題歌はOLDCODEXが担当

4月1日(月)、Netflixにて世界同時配信されるアニメ『ULTRAMAN』より、アニメ用に設定されたSEVENのスーツ設定画が解禁。あわせて、諸星 弾(SEVEN)役を務める江口拓也のロングインタビューが、オフィシャルサイトにて公開された。

また、本作主題歌「Sight Over The Battle」を大人気音楽ユニット・OLDCODEXが手掛けることも明らかに。OLDCODEXからのコメントも到着した。

本作は、「月刊ヒーローズ」連載中の人気コミックス『ULTRAMAN』(清水栄一×下口智裕)を、神山健治×荒牧伸志のダブル監督体制でフル3DCGアニメーション化。2019年4月1日(月)より、Netflix独占で13話が一挙配信される。

江口拓也のロングインタビューはコチラ:
https://anime.heros-ultraman.com/

SEVENのスーツ設定画。赤を基調としたデザインはそのままに、より硬質さ、スタイリッシュさにあふれたデザインに。

【Ta_2 / OLDCODEX コメント】
今回、主題歌を担当するにあたり、ウルトラマンの持つ勧善懲悪でないそれぞれの立場での「正義」というものに注視して、メロディを構築させていただきました。アレンジではシンセなどでウルトラマンの持つ「空」の雰囲気を、そしてバンドサウンドでウルトラマンの持つ「地」の雰囲気をそれぞれイメージしながらの制作となっています。是非、作品と併せて聴いて頂けたら最高です。

【YORKE. / OLDCODEX コメント】
英雄ゆえの理解されない孤独や儚い強さ。それを強く表現したいと思って歌詞を書きました。スペシウム光線のポーズでキメる幼い僕。隣で母親が猫を抱いてる一枚の古い写真。こんな日が来るなんてね。まさにUltra Mysteryだよ!

【STORY】
かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。

早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。

そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。

「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

作品情報

『ULTRAMAN』
4月1日(月)よりNetflixにて世界同時配信開始

【STAFF】
原作:円谷プロダクション、清水栄一×下口智裕(月刊ヒーローズ連載)
監督:神山健治、荒牧伸志
音楽:戸田信子、陣内一真
アニメーション制作:Production I.G×SOLA DIGITAL ARTS

【CAST】
早田進次郎:木村良平
諸星 弾:江口拓也
北斗星司:潘 めぐみ
早田 進:田中秀幸

『ULTRAMAN』オフィシャルサイト
http://anime.heros-ultraman.com/
『ULTRAMAN』オフィシャルTwitter
@heros_ultraman