北山宏光 初主演映画『トラさん』本予告&新ビジュアル解禁! 飯豊まりえ扮するお嬢様猫も初お披露目

北山宏光 初主演映画『トラさん』本予告&新ビジュアル解禁! 飯豊まりえ扮するお嬢様猫も初お披露目

2月15日(金)に全国公開される、北山宏光(Kis-My-Ft2)主演映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の本予告と新ビジュアルが解禁された。

本作は、酒とギャンブルに溺れる売れない漫画家・高畑寿々男(北山)が、死後、「猫=トラさん」の姿で家族の元に戻され、家族をやりなおす30日間を描いた作品。“大切な人がそばにいる奇跡”、“生きているだけで奇跡”など、生きているときには気づかなかった想いや、当たり前の大切さを気付かせてくれる感動作となっている。

今回解禁された本予告は、映画化発表時から大反響を巻き起こしている、北山の<トラさん=猫姿>をたっぷりと収録。愛くるしい仕草や表情など、まさに猫に完全憑依した北山の熱演はもちろん、母親役として新たな魅力を見せる多部未華子、“あの世の関所”の裁判長を演じたバカリズムや、寿々男の同期のカリスマ漫画家・浦上役の要 潤らと北山のコミカルなやりとりなどが満載だ。また今回初披露となった、飯豊まりえ扮する“トラさん”の良き理解者であるお嬢様猫・ホワイテストの姿も必見! 作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治という強力タッグを迎えた、Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」も、寿々男=トラさんの伝えきれなかった想いを綴っているかのような切なく温かい歌詞が、一層『トラさん』の世界観を彩っている。

ポスタービジュアルは、トラさん(北山)の猫らしく可愛らしいカットとともに、小さなコタツに仲睦まじく入る高畑家3人の笑顔が、“家族の温もり”を感じさせる。キャッチコピー「こんな姿、だけど、この冬最高の感動作」の通り、北山が猫になっている斬新なビジュアルとストレートなメッセージが、誰も見たことがない愛のカタチを描く本作の世界を表現している。

【STORY】
売れない漫画家・高畑寿々男は身の程知らずなポジティブ男。酒とギャンブルに溺れる日々を送っていた。
そんなある日。競輪で大当たりして大喜びした帰り道、交通事故で死んでしまう。何の覚悟も、次の作品の発表も、何の教訓も、残さないまま。嫁と娘を残して。寿々男が目覚めると、そこは「関所」だった。死んだ人間はここで面接を受け、次の命が決められる、というシステム。寿々男のあまりのクズっぷりに、裁判長も呆れ顔。そして、下された判決は…
『執行猶予一ヶ月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫 として。』…だった。
猫の姿で妻・奈津子と娘・実優のもとに戻った寿々男は…。

作品情報

『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2月15日(金)全国ロードショー

出演 北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム
原作 板羽 皆「トラさん」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督 筧 昌也
配給 ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

オフィシャルサイト
torasan-movie.jp

『トラさん』原作