斎藤 工×白石和彌監督、映画『麻雀放浪記2020』予測不能の特報映像がついに解禁!

斎藤 工×白石和彌監督、映画『麻雀放浪記2020』予測不能の特報映像がついに解禁!

4月5日(金)より全国公開される、映画『麻雀放浪記2020』の特報映像が解禁された。

本作は、阿佐田哲也の250万部を超えるベストセラー小説『麻雀放浪記』を和田 誠監督の映画化以来、35年ぶりに白石和彌監督によって再び映画化したもの。主演は、映画版『麻雀放浪記』を傑作の1つと公言している斎藤 工。10年の歳月をかけて映画化を熱望し、ついに念願がかなって実現した。

今回解禁された特報映像は、戦後、果てしなく焼け野原となった東京を彷徨う“坊や哲”の後ろ姿から始まる。「OXCL」(オックス・クラブ)でタバコの煙が立ち込める中、男たちが博打に命を賭けている様子が克明に描かれ、退廃的な世界で、血を滾らせ生命力を燃やすアウトローたちの姿は、まさに阿佐田哲也・和田 誠が描いてきた『麻雀放浪記』の真骨頂と言える。しかし、突如として【伝説の傑作小説よ、さらば。】という高らかな宣言と共に、舞台はモノクロの1945年から2020年の東京へ。煌々とした光に包まれる謎の闘技場、朽ち果てた2020年東京五輪のポスター、核爆発、死亡事件を報じる新聞記事、未来的な研究所、覚醒するアンドロイドの眼、慟哭する“坊や哲”。何故、2020年の未来へとやって来たのか…、そこでは一体何が起こっているのか…。観る者の想像力と飢餓感を最大限に煽った怒涛の展開、原作はもちろんのこと、過去の映画からは想像できなかった世界が炸裂した特報映像となっている。

昨年末に行われた日刊スポーツ映画大賞の授賞式にて白石監督は「この新作、僕は大まじめに作った大傑作だと思うが、問題がありすぎて公開が危ぶまれている。気が気でない」と本作について言及。『凶悪』『孤狼の血』といった危険な作品を手掛けてきたアウトローの第一人者までをも、ここまで言わしめてしまうほどの危険な内容となっている。そして一番の注目は、映像の最後に放たれる【これでいいのか、ニッポン】というメッセージ。この言葉に込められた意味とは何なのか。企画発表から、その余りにも過激で大胆不敵な設定に賛否が巻き起こっている本作。初となる映像の解禁も、その全貌のほとんどがベールに包まれている。

【STORY】
主人公・坊や哲がいるのは、2020年の“未来”。なぜ?人口は減少し、労働はAI(人口知能)に取って代わられ、街には失業者と老人があふれている…。そしてそこは“東京オリンピック”が中止となった未来だった…嘘か?真か!? 1945年の“戦後”からやってきたという坊や哲が見る、驚愕の世界。その時、思わぬ状況で立ちはだかるゲーム“麻雀”での死闘とは!?

作品情報

『麻雀放浪記2020』
4月5日(金)全国ロードショー

原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊)
監督:白石和彌
キャスト:斎藤 工、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫 / 竹中直人 ほか企画:アスミック・エース
制作:シネバザール
配給:東映
©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

『麻雀放浪記』原作コミック