井ノ原快彦×上戸 彩、ドラマ初共演で夫婦役に! カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』放送決定

井ノ原快彦×上戸 彩、ドラマ初共演で夫婦役に! カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』放送決定

カンテレ開局60周年特別ドラマとして、井ノ原快彦主演の『僕が笑うと』が、3月26日(火)夜にカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送されることが決定した。

本作は、戦時中の大阪を舞台に、5人の孤児を養子として引き取って育てた夫婦を描いたオリジナル作品。井ノ原は、大学の助教授で植物研究者である主人公・鈴木重三郎を演じる。また、重三郎の妻・鈴木誠子役として、上戸 彩が出演。井ノ原と上戸は、ドラマ初共演での夫婦役となる。さらに、真飛 聖、飯豊まりえ、高田 翔、坂井真紀、白洲 迅、麻生祐未、吉行和子の出演も決定。豪華実力派俳優陣が、平成と昭和を繋ぐ感動の物語に華を添える。

V6としての活躍のみならず、俳優としても、司会者としても、その優しい笑顔をトレードマークに国民的タレントとして人気を博す井ノ原は、序盤の物静かな研究者から、感情豊かな家族思いの父親へと変ぼうを遂げる重三郎を巧みに演じていく。上戸も「井ノ原さんの性格や人柄も含め、“重さん(劇中での愛称)”にぴったりだと思いました」と語るほど、井ノ原の人柄がにじみ出た“重さん”に、きっと見る人は優しい気持ちになるだろう。

そんな風変わりな重三郎に小気味よくツッコミを入れつつも、温かく支える妻・誠子を演じる上戸は、「一瞬でのめり込んでいき、涙が止まりませんでした」と語ったほど、優しさと芯の強さを併せ持つ誠子という役には思い入れが深い。井ノ原も「頼もしくて優しくて、僕よりもずいぶん年下なのに、自分のお母さんみたいに見える時がありました(笑)」と語ったように、まさに誠子は上戸にしか演じられない役どころ。ドラマ、映画、CMと、平成を代表する活躍を見せる女優・上戸が、平成最後の作品として選んだ母親役にも注目したい。

【井ノ原快彦 コメント】
Q.最初に脚本を読んだ時の印象をお願いします。
戦時中を描いたドラマですが、温かくて幸せそうな家族を描いた物語だと思いました。もちろん戦争で悲しい目に合われた方も大勢いらっしゃいますが、鈴木家のように、皆で助け合いながら絆を深めていった家族も、実際にたくさんいたのだろうなと想像しました。今この時代だからこそ、大事なドラマだと思いました。

Q.重三郎という役どころについてはどう感じましたか?
僕も元々はそんなに大騒ぎするほうではないので、周りのメンバーによって違う自分を引き出してもらえるのですが、寡黙な重三郎もあれだけたくさんの子供に囲まれたら否が応でも大声が出るし、そういった部分を重三郎自身も感じながら徐々に父親になっていくところは意識して演じました。

Q.上戸さんとはドラマでは初共演で夫婦役でしたがいかがでしたか?
子どもに対する態度が自然で、頼もしくて優しくて、僕よりもずいぶん年下の方ですが、自分のお母さんみたいに見える時がありました(笑)。お芝居も僕が初めは手探りでやっていたときも方向を示してくれるというか、一緒に出ていないシーンでも、セリフでやり取りしないシーンでも、居てくれるだけで、何となく支えられている感じがありましたね。上戸さんと共演できて本当によかったです。

Q.大勢の子どもたちとの撮影期間でしたがいかがでしたか?
大家族のお父さんという役どころは初めてで、上戸さんや子供たちと一緒に時間を過ごす中で良い空気感が出ればと思いながら撮影に臨みましたが、子供たちが思った以上に積極的にコミュニケーションを取ってきてくれたので助かりましたね(笑)。『僕が笑うと』というタイトル通り、こちらが本気にならないと、あの子たちも本気にならないというか、こちらが「こうだ!」となると、向こうもそれに引っ張られて、それでまたこっちも相乗効果で良い方向に行くという瞬間もありました。お芝居はハートのぶつかり合いなんだなと改めて思いました。

Q.視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
戦時中を描いたドラマはたくさんあると思いますが、それだけで暗く堅い気持ちになるのではなくて、どの時代でも普遍的な家族の温かさについて、共感できることが随所に散りばめられたドラマです。今は核家族化とか言われていますが、「血の繋がりだけじゃないんだぞ、家族は!」という思いに少しでも触れてもらえたらいいなと思います。ぜひご覧ください。

【上戸 彩 コメント】
Q.最初に脚本を読んだ時の印象をお願いします。
台本を読んだ瞬間、すぐに感情移入してしまいました。一瞬でのめり込んでいき、涙が止まりませんでした。家族愛も含め、色々なものを視聴者に感じて頂ける作品だと思いました。

Q.誠子という役どころについてはどう感じましたか?
旦那さんや子供たちを大切に思う家族思いの女性だなと感じました。常に相手のことを考え、人の役に立とうと懸命に生きる姿に感銘を受けました。

Q井ノ原さんとの夫婦役はいかがでしたか?
井ノ原さんの性格や人柄も含め、重さんにぴったりだと思いました。今回ご一緒させて頂き、改めて井ノ原さんの魅力をより深く感じることが出来ました。タイトルのように井ノ原さんの笑顔がすごく印象的で、お芝居も自然体でいられました。

Q.大勢の子供たちとの撮影期間はいかがでしたか?
井ノ原さんは子供達とゲーム遊びなどし、私は主に話し相手になっていました。
子供達一人ひとりの個性をじっくり見るのがとても楽しかったです。仲良くなるにつれ、私たちに話しかけてくれる言葉も増えていき、たまに「お母さん」と呼んでくれることが凄く嬉しかったです。とにかく癒され、和む現場でした。

Q.視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
皆様の心がほっこり温かくなるドラマとなっております。鈴木家を通して笑顔の大切さを感じて頂ければと思います。家族みんなで揃うことが少なくなってきている現在、改めて家族の大切さを考えるきっかけになるドラマになれば嬉しいです。是非、沢山の方にご覧いただきたいです。

【河西秀幸プロデューサー(カンテレ)コメント】
このドラマは戦争ドラマと思われるかもしれませんが、描きたいのは激動の時代を生きた家族の絆の物語です。“笑い”と“涙”が血の繋がりを越えた大家族を作ります。「辛い時でも笑っていれば、どんな逆境でも乗り越えられる」という非常にシンプルで力強いメッセージをお届けしたいと思います。
主人公は持ち前の「ユーモラスな言動」、さらには絶対的な安心感を与える「笑顔」で子供たちの成長を見守ります。キャスティングする上で、本当に素敵な笑顔が印象的な井ノ原快彦さん以外に思いつかず、まだ台本もない企画を着想した段階から熱烈オファーをさせていただきました。そして、ちょっと変わった夫を微笑ましく見守り、幾多の困難に立ち向かう妻役も上戸彩さんをイメージして台本を制作し、強くご出演のお願いをして、このドラマは実現しました。
お二人のお芝居の呼吸もぴったりで、共演する子供たちからすごく慕われているため、カメラが回っていない待ち時間などにみんなで触れあっている姿は、ドラマを越えて本当の家族のようでした。
放送時期は平成が終わる直前です。新しい時代に変わる前に、忘れてはいけない戦争の事実もしっかりと伝えます。ある夫婦が5人の子供の孤児を引き取り、本当の家族のようにたくさんの困難に立ち向かっていく姿は、時代関係なく共感していただけると思います。皆様の心の琴線に触れるような温かいドラマになっておりますので、ぜひご覧ください。

【STORY】
平成が終わりを迎えようとするある春の日、病床にふせる老婦人(吉行和子)は、恵美(飯豊まりえ)、真一(高田 翔)ら4人の孫を呼び、自分の両親と兄弟について話し始める。70年以上前に老婦人が育った、「他の家族とは違う」という家族とは――。
昭和12年、大阪。鈴木重三郎(井ノ原快彦)は、大阪理科大学の助教授で、植物研究者。結婚して10年となる明るく優しい妻・誠子(上戸 彩)とは子宝に恵まれなかったが、重三郎はそれを受け入れ、夫婦仲良く暮らしていた。しかし、誠子の「母親になりたい」という思いは消えることはなく、重三郎の姉・大沢徳子(真飛 聖)の息子で、満州に赴任する大沢和也(白洲 迅)の送別会をきっかけに、あらためて子供への思いを強くする。
数日後、間宮君子(麻生祐未)が営む孤児院の庭で遊ぶ子供の姿を見た誠子は、重三郎に孤児を引き取りたいと相談する。はじめは子供を育てる自信が無いと難色を示した重三郎だが、誠子の熱意に押されて浩太(幼少期:柳下晃河)を養子として迎え入れることに。優しく浩太と接する誠子とは対照的に、ぎこちないやり取りが続く重三郎だったが、次第に不器用ながらも叱ることや褒めることを学び、父親として成長していく。
研究一筋だった人生から、子供を愛することの生きがいを覚えた重三郎の世界は一変。重三郎が笑う分だけ、浩太も笑う。物静かな男に笑顔が増えていった。そんなある日、「浩太に兄弟が出来たら喜ぶかもしれんな…」とつぶやく重三郎に、誠子が「…すぐやと、あかん?」と返す。
昭和18年。鈴木家は、浩太(渡邉 蒼)、節子(伊藤栞穂)、健作(石澤柊斗)、虎之助(原田敬太)、トメ子(竹野谷咲)の5人の子供たちを育てる大家族に。太平洋戦争が始まり、生活は日に日に厳しくなっていくが、重三郎と誠子は常に笑顔を絶やさず、子供たちの表情も笑顔に満ちあふれていた。しかし、戦争は着実に鈴木家の未来にも影を落としていく……。

番組情報

カンテレ開局60周年特別ドラマ『僕が笑うと』
3月26日(火) 夜
カンテレ・フジテレビ系全国ネット

出演:井ノ原快彦 上戸 彩 ・ 真飛 聖 飯豊まりえ 高田 翔 ・ 坂井真紀 白洲 迅 麻生祐未 / 吉行和子 他
脚本:尾崎将也
音楽:白石めぐみ
演出:三宅喜重(カンテレ)
プロデューサー:河西秀幸(カンテレ)
制作著作:カンテレ