ヒュー・ジャックマン「彼のような人が大統領になっていたら、違った世の中になっていた」。映画『フロントランナー』来日記者会見開催

ヒュー・ジャックマン「彼のような人が大統領になっていたら、違った世の中になっていた」。映画『フロントランナー』来日記者会見開催

本日1月21日(月)、日本記者クラブ 10階ホールにて、映画『フロントランナー』(2月1日(金)公開)の記者会見が開催。主演を務めるヒュー・ジャックマンが来日し、本会見にて様々な質問に答えてくれた。

会見では、まずアメリカ出身のタレントであるパトリック・ハーランが登壇し、本作でヒュー・ジャックマンが演じるゲイリー・ハートについて解説。1988年当時の大統領選挙において、ゲイリー・ハートが絶大な人気を誇っており、解説をするパトリック・ハーラン自身も彼の演説に心惹かれたこと。しかし、メディアが彼のプライベートにまで踏み込んだことで浮気が発覚し、大統領最有力“フロントランナー”であったにもかかわらず、政界を退いたことなど、映画で描かれている一連のスキャンダルを丁寧に紹介してくれた。

質疑応答に入ると、登壇したヒュー・ジャックマンはまず本作について「いろんな議論が生まれる作品だと思います」と話し、記者の質問に回答。ゲイリー・ハートを演じたいと思ったきっかけについては、魅力的な作品や複雑なキャラクターを生み出す監督ジェイソン・ライトマンと一緒に仕事をしてみたかったこと、ゲイリー・ハートが今までに演じてきた役どころとは異なることを理由に挙げ、「謎めいて知性のある、私とはちょっと違う役にチャレンジしてみたかった」と語った。

いっぽう、存命の人物を演じるということで責任感も大きかったとのこと。本人が映画を観るかもしれないうえ、どういう感想を持つかも気になるので、リサーチは念入りに行ったそうだ。

そんなゲイリー・ハートについて、記者からは「一連のスキャンダルで多くのものを失った彼が得たものはあると思うか?」という難しい質問が。これに対し、ヒュー・ジャックマンはゲイリー・ハート自身からさまざまな話を聞いたそうで、「選挙戦を辞退したのは、家族と選挙制度自体の神聖さも守りたかったのだと思う」と回答。ゲイリー・ハートはつい最近、妻との61回目の結婚記念日を祝っていたそうで、いまでも家族を守っているということも話した。

また、ゲイリー・ハートが選挙で人々の心を掴んだ理由について尋ねられると、若い人々がインスパイアを受けるような能力がゲイリー・ハートにはあり、彼らから“ジョン・F・ケネディの再来”とも言われていたと解説。特に先見の明には長けていたとのことで、その例として、コンピュータを作りはじめたスティーブ・ジョブズとコーヒーを飲みながら「これからはコンピュータの時代だから、教室にコンピュータを入れるようにしよう」と話していたという逸話なども紹介。「彼のような人が大統領になっていたら、違った世の中になっていたし、より良い世界を築けた人ではないかと思う」とゲイリー・ハートの魅力を話してくれた。

そして、大学でジャーナリズムを専攻していたというヒュー・ジャックマンは、ジャーナリズムの視点から本作について言及。ジャーナリストが次期大統領の記者会見の席で「あなたは不倫をしていますか」と聞くことは、本作で描かれる騒動まではあり得なかったそうで、「1988年の一連の騒動は、政治家とジャーナリズムの関係を変えてしまったストーリー」と語った。

フォトギャラリー

作品情報

『フロントランナー』
2月1日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:マット・バイ/ジェイ・カーソン/ジェイソン・ライトマン
原作:マット・バイ著「All the Truth is Out」
出演:ヒュー・ジャックマン/ヴェラ・ファーミガ/J.K.シモンズ/アルフレッド・モリーナ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

オフィシャルサイト
http://www.frontrunner-movie.jp