EXILE HIRO、MAKIDAI、今市隆二(三代目JSB)、“EXPG STUDIO”LA校が開校に激励訪問

EXILE HIRO、MAKIDAI、今市隆二(三代目JSB)、“EXPG STUDIO”LA校が開校に激励訪問

LDHが展開する総合エンタテインメントスクール“EXPG STUDIO”LA校が、現地時間18日(日本時間1月19日)、米・ロサンゼルスのハリウッドに開校し、EXILEのHIRO、MAKIDAI、三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二が駆けつけた。

EXPGは2003年に開校した東京校を皮切りに、現在では国内に12校を展開。全国に約6,000名の生徒がおり、これまでに、GENERATIOSNやE-girls、劇団EXILEなど、多くのアーティストや俳優を輩出している。海外では台北、ニューヨークに続いてロサンゼルスが3校目となる。

エンタテインメントの本場ハリウッドの中心街から約1.5km、ハリウッド大通りの好立地に位置する同校は、1,100平米の敷地に、50名を収容できるダンスや演技のレッスンスタジオをふたつと、ボーカルレッスン専用のスタジオをふたつ完備。

ダンス、ボーカル、演技レッスンが行われるLA校の講師には、ジャスティン・ビーバーやジェニファー・ロペス、ジャスティン・ティンバーレイクら、トップアーティストのバックダンサーを務めてきたダンサー陣をはじめ、米歌手、ブルーノ・マーズやビヨンセなどのサウンドプロデュースチーム、1500 or Nothinのメンバー、ローレンス・ポップス・ドプソンら、”超”豪華な顔触れとなっている。

また、同スクールの敷地内には、最新の機材が整ったアーティスト専用のレコーディングスタジオ“PKCZ STUDIO”や、LDHのオリジナルファッションブランド“24karats”のギャラリーも併設。PKCZ STUDIOの壁面には、グラフィティアート界のレジェンド、Futura 2000によるグラフィティが描かれており、ストリートカルチャーに敏感な現地の若者からも注目をされるなど、この場所からカルチャーそのものを生み出していこうとする狙いを感じることができる。

着工から1年9ヵ月を費やし、満を持して開校を迎えたこの日は、多くの現地インストラクターや関係スタッフが集結。同スクールのチーフクリエイティブオフィサーで、ジャスティン・ビーバーのバックダンサーなどの経歴を持つショーン・エバリストをはじめ、ジューク/フットワークの大御所キング・チャールズなど、世界で活躍するトップダンサーを中心に豪華な顔ぶれが並び、華やかな雰囲気とともに、これから始まるあらたなチャレンジに向けて活気に満ち溢れていた。

90年代から日本のダンスシーンを牽引し後進の育成に力を注ぐHIROは、LA校の開校に「うれしいし、これからの展開がワクワクする。ローカルのスターの発掘や育成、LDH所属のアーティストの修行の場としてはもちろん、ボーダーを超えたコラボレーションの場として、人と人との繋がりありきのエンタテインメントをあらたに生み出せれば。LAの方々に対するリスペクトを示しながら、LDHの信念を発信していきたい」と未知なる可能性に、期待を膨らませた。

また同エリアは、世界的に有名なレコーディングスタジオや、ダンススタジオが密集していることで知られているが、両方のスタジオが併設されているのは、エンタテインメントの本場ハリウッドでも珍しく、ダンサー、シンガー、トラックメイカーがその場で共同作業を行うことができるのは大きなメリット。多国籍のメンバーによるセッションや、あらたなコラボレーションにもうってつけだ。

前日からスタジオで作業をしていたMAKIDAIは「設備もすばらしいけれど、何よりもここであらたなセッションが生まれることが最大のポイント。スタジオができたことで、国境を越えたコラボレーションが現実的になってきた」と期待を寄せると、ボーカリストの今市も「3年前くらいからたびたびLAを訪れて、ブライアン・マックナイトやアッシャーといったアーティストたちとセッションをさせてもらう機会がありました。拠点ができたことにより、さらに可能性は広がると思う」と、LDHに所属するアーティストたちにとっても、同スタジオが完成したことは良い刺激となっている。

LDHは2017年に新体制を発表し、米国、欧州、アジアにも活動拠点を置くなど、海外展開を進めている最中。すでに、オランダを拠点にする“LDHヨーロッパ”では、世界的DJで同社のCEOも務めるアフロジャックによるプロデュースにより、昨年オーデョションを実施し、日本人ひとりを含む7人の女性候補生を欧米圏でのデビューに向けて育成している。

ヨーロッパに続くべく、アメリカからの新人発掘、育成を掲げるショーン・エバリストは「EXPGから、THE RAMPAGEのような次世代のアーティストが生まれるのを何度も見てきた。アメリカでも新人発掘のオーディションを行い、アメリカの良いところとLDHの良いところを掛け合わせて、新しい人材を育てていきたい。いずれはEXILEのように、ダンサーがただのバックダンサーではなく、ひとりのアーティストとして認められるような環境を、アメリカにも作り上げたい」と、構想を語った。

HIROも「ここからヒット曲が生まれたり、新人発掘をしてスターを育ててもらいたい。日本、アジア、欧州、米国と臨機応変に輸出と輸入を仕合いながら、今までにないグローバルなスターを作りたい」と可能性は膨らむばかりだ。

ニューヨークで開催しているストリートダンスのイベント『HOUSE OF EXILE』や、毎年ロサンゼルスで行われる北米最大規模の日本アニメコンベンション『Anime Expo 2018』で開催した『OTAQUEST LIVE』など、着々とアメリカでの展開を進めるLDH。

近年、アジア発のカルチャーが世界的に大きな注目を集めているが、この現状にHIROは「海外のクリエイターやアーティストと接すれば接するほど、今はアジア人に大きな期待が寄せられていると感じる。中国をはじめとしたアジアの“Z世代”と呼ばれる若者の人口は本当に多く、これからのユースカルチャーは、彼らが牽引していくと言われている。日本は若者人口が減少しているけれど、アジアの先進国として成熟したカルチャーがあるので、世界に打って出るには大きなチャンスでもある」と先を見据える。

EXPG STUDIO LA校の開校に伴い、アメリカでの活動も本格化したLDH。同社が目指すグローバルエンタテインメント企業への挑戦は、まだまだ終わらなそうだ。


EXPG STUDIO オフィシャルサイト
https://expg.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC