柴咲コウ主演『連続ドラマW 坂の途中の家』に田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和ら豪華キャスト陣が出演決定

柴咲コウ主演『連続ドラマW 坂の途中の家』に田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和ら豪華キャスト陣が出演決定

WOWOWプライムにて放送される、柴咲コウ主演『連続ドラマW 坂の途中の家』の放送日が4月27日(土)に決定。柴咲と共演するキャスト陣の情報も公開された。

本作は、“家庭に潜む究極の心理サスペンス”と賞賛された角田光代による同名の小説を原作とする連続ドラマ。柴咲が演じるのは、無意識に娘の子育てにストレスを感じていた専業主婦の里沙子。わが子を虐待死させた女性・水穂の裁判に補充裁判員として参加することになり、最初は嫌悪感を抱くも、裁判を通して自らの人生と被告の人生を重ね合わせいく……という役柄だ。

そして、里沙子の心に浸食していく被告・安藤水穂役を演じるのは水野美紀。水穂は家庭に潜む悪に壊された被害者なのか、それとも本物の悪女なのか――里沙子の想像の世界で対極ともなる2つの人格を見事に演じきっている。

また、裁判に参加するようになり、平常心を失い始めた里沙子を心から心配する夫・陽一郎役は田辺誠一が担当。日常生活の何気ない一言が刃となり、知らぬ間に妻を傷付けてしまう。加えて、里沙子の義理の父母となる里子役、和彦役には風吹ジュンと光石 研。舅と姑としての優しさやアドバイスは知らず知らずのうちに里沙子のプレッシャー、ストレスになっていく。

さらに、里沙子の実の母親・三沢富路子役で高畑淳子、里沙子と同じく裁判員に選ばれた出版社の編集長・芳賀六実役で伊藤 歩、被告の水穂の心の闇に気づかず我が子を失ってしまった悲劇の夫・寿士役で眞島秀和、法廷で最愛の孫の命を奪った被告に詰め寄る義母役で倍賞美津子が出演。ほかにも、桜井ユキ、松澤 匠、西田尚美、佐藤めぐみ、滝沢沙織、利重 剛、酒井美紀と実力派キャストが集結し、角田光代の傑作小説との呼び声高い本作の映像化に挑んでいる。

【STORY】
山咲里沙子(柴咲)は、三歳の娘・文香と夫と三人で平穏な日々を送っていた。そんな時、裁判所から刑事事件の裁判員候補者に選ばれたという通知が届く。対象となる事件は、里沙子と同じ年頃の専業主婦の母親・安藤水穂が、生後八ヶ月の娘を浴槽に落として虐待死させたという衝撃的な事件だった。裁判所での面談を経て、里沙子は、裁判員の誰かが急病などで欠席せざるを得ないとき、代わりに裁判員を務める「補充裁判員」に選ばれた。同じ子供を持つ母として、我が子を殺めた水穂に嫌悪感を抱く里沙子だが、裁判の開廷後、徐々に安藤水穂という被告自身の境遇に自らの過去の記憶を重ねていくことになる。家庭という密室で、夫婦、そして親子の間で交わされた言葉は、時に刃物のように突き刺さることがある。里沙子はやがて自身の心に眠っていた混沌とした感情に惑わされていく─。

番組情報

『連続ドラマW 坂の途中の家』
2019年 春、WOWOWプライムにて放送決定!

原作:角田光代「坂の途中の家」(朝日文庫刊)
脚本:篠﨑絵里子 (『人魚の眠る家』)
監督:森ガキ侑大 (『おじいちゃん、死んじゃったって。』)
主演:柴咲コウ ほか
特設サイト
https://www.wowow.co.jp/dramaw/sakaie/

『坂の途中の家』原作