人気絶頂の菅田将暉が音楽活動をする理由とは!?『GQ JAPAN』最新号で明かす

人気絶頂の菅田将暉が音楽活動をする理由とは!?『GQ JAPAN』最新号で明かす

1月25日(金)に発売される雑誌『GQ JAPAN』3月号の表紙とカバーストーリーに、俳優業に留まらず、音楽アーティストとしても注目を集める菅田将暉が登場する。

本誌では、人気絶頂の俳優が、なぜ音楽活動をするのか。演じることと、歌うこと。彼にとっての2つの表現について話を訊く。また、特集「音楽生活」では、藤原ヒロシ、ホールジー、水原佑果、KANDYTOWNなどが登場し、デジタルからアナログまで、それぞれのミュージック・ライフに迫る。そのほか、田中 圭、DA PUMP、浅田真央らが登場した「GQ MEN OF THE YEAR 2018」の授賞式レポートなどを掲載している。


【COVER STORY】
演じることと、歌うこと、ロックの華を咲かせる役者・菅田将暉。俳優として驀進中の菅田将暉はいま、音楽にアツい。ドラマから映画、CMにいたるまで、人気うなぎのぼりの俳優が、なぜ音楽をやるのか、その理由に迫る。また、画家・下田昌克による描き下ろし作品を前に2019年春夏の最新ファッションを身にまとい、“華を咲かせる”菅田将暉のファッションシューティングにも注目!

【特集】MUSIC LIFE
音楽生活 —アナログとデジタルの交わるところに 僕たちのミュージック・ライフがあるー 水原佑果とKANDYTOWNがカセットテープやアナログレコード、オーディオ機器といったアナログ音楽のショップを巡る「音楽散歩」や、藤原ヒロシをはじめ「良い音を追求する」3人の達人が紹介する「音楽ツール」、けみお、小宮山雄飛、栗野宏文、宇川直宏、RIRI、湯山玲子ら6人のミュージック・ラバーが語る「14歳のときに聴いていた音楽」など、ミレニアル世代のミュージシャンから、ベテランの音楽ラバーまで、それぞれの「MUSIC LIFE」に迫る。

書籍情報

『GQ JAPAN』3月号
1月25日(金)発売

オフィシャルサイトhttps://gqjapan.jp