登坂広臣&中条あやみ出演映画『雪の華』、中島美嘉が氷の世界で歌うMV入り特別映像公開!

登坂広臣&中条あやみ出演映画『雪の華』、中島美嘉が氷の世界で歌うMV入り特別映像公開!

世代や国を超えて愛され続ける冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」が、5年ぶりの恋愛映画となる登坂広臣、そして今最も注目される女優・中条あやみを迎え、大人のラブストーリーとして映画化。2月1日(金)より全国ロードショーとなる。

そしてこのたび、中島美嘉が氷の世界で歌うミュージックビデオ入りスペシャルムービーが公開された。

本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる新鋭・橋本光二郎監督。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『ひよっこ』(17/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和。一流のキャスト・スタッフが勢ぞろいし、この冬、最高のラブストーリーが誕生する。

中島の歌う「雪の華」は、国内外のアーティスト100組以上にカバーされている心打たれる名曲。発売から15年以上たった今でも、冬のラブソングの代表曲として世代や国を超えて愛されており、今月30日(水)には「雪の華」発売15周年を記念したベストアルバムが発売されるなど、楽曲の人気は留まることを知らない。

世代を超えて響く歌詞の普遍的な世界観は色褪せることはなく、また中島のエモーショナルな歌声は時を経てなおいっそう輝きを増している。

このたび公開された映像内では、2003年の「雪の華」発売当時の雪と氷の世界を舞台にした美しいミュージックビデオも使用されており、15年前以上のものながら、今でも輝きを失わない美しさが溢れ出ており、動画サイトでは世界中のファンにより3,000万回以上再生されている。

そんな世界中で愛されている不朽の名曲は、幸せなときも恋を失くしたときも寄り添ってくれる歌であり、渡井敏久プロデューサーは、2014年に開催された中島美嘉の「雪の華」を1万人で合唱するというイベントにて、今も衰えない圧倒的なパワーを楽曲から感じ、楽曲「雪の華」からインスパイアされた映画を製作しようと考えた。

脚本家の岡田も「一時だけのヒット曲ではなく、後世にずっと残っていく曲でないと、この企画(映画化)は成立しない」と原案となった楽曲への賛辞を贈り、主演の登坂も「日本人なら誰もがいちど耳にしている名曲ですし、僕にとっても青春の1曲」、同じく中条も「毎年冬になると必ず流れてくる曲なので、いつからか『儚い曲だな。冬にピッタリだな』って思うようになっていました」とコメント。歌い継がれてきた名曲は、世界中の人々 の心にいつしか浸透し、忘れられない永遠の名曲として響き渡っている。

スペシャルムービーの最後に中島は「(脚本を)読んだときは、『雪の華』をこういう風に広げるんだという感動と、観た人全員が共感できる素敵なラブストーリーなので映画は絶対に楽しめると思います」と本作についてのコメントを寄せている。

作品情報

『雪の華』
2月1日(金)全国ロードショー
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「雪の華」製作委員会

映画『雪の華』公式Twitter
@yukinohanamovie

映画『雪の華』作品サイト
http://yukinohana-movie.jp

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC