渡辺 謙×ケリー・オハラ主演、ロンドン版『The King and I 王様と私』3日間独占プレミア上映決定! ポスタービジュアルも

渡辺 謙×ケリー・オハラ主演、ロンドン版『The King and I 王様と私』3日間独占プレミア上映決定! ポスタービジュアルも

「第69回トニー賞」4部門受賞に輝きミュージカルの2大聖地の観客を虜にした、渡辺 謙、ケリー・オハラ主演の2015年版伝説のプログラム『The King and I 王様と私』。この度、最新のロンドン公演を映像に記録したロンドン版『The King and I 王様と私』が、2月22日(金)~24日(日)の3日間限定で、TOHOシネマズ 日比谷と大阪ステーションシティシネマにて、独占プレミア上映されることが決定。併せて、ポスタービジュアルが解禁された。

2015年4月16日、バートレット・シャーの演出でブロードウェイ19年ぶりのリバイバル上演を果たした本作は、チケット入手困難な人気作品としてロングランを記録。その評判は、もうひとつのミュージカルの聖地ロンドンにも波及し、2018年7月3日(プレビュー開始は6月21日)から約3カ月間、ウエストエンドのパラディウム劇場で上演されると、ブロードウェイ公演に勝るとも劣らない人気を博した。

リチャード・ロジャース(作曲)&オスカー・ハマースタインⅡ(脚本・作詞)の代表作として名高いこのミュージカルは、1951年ブロードウェイで初演。56年に映画化。その後も再演を重ねているが、その中にあって2015年版が特に輝きを放つのは、“異なる文化的背景を持つ者同士の相互理解“という現代的なテーマを打ち出した点。水と油のように相容れない価値観を持つアンナと王が、考えをぶつけ合いお互いへの理解を深め、感謝と尊敬の心で結ばれていく姿は、多様性の時代に何が必要なのかを表し、今こそ観るべきミュージカルとして、人々の心を捉えている。

なお、今年7月~8月上旬に東急シアターオーブにて、主演の渡辺 謙とケリー・オハラの来日公演が決定している。

 

【STORY】
1860年代のシャム(現タイ・バンコク)。イギリスの未亡人アンナは、西欧式の教育をするため王子・王女の家庭教師として、シャムの王宮に迎え入れられた。王様とアンナは、東洋と西洋の文化習慣の違いや立場の違いから、ことごとく対立していたが、アンナは王子・王女、王妃たちと触れ合い、国を思う王様の真摯な人柄を知るにつれ、徐々に理解を示してゆく。
アンナが王様に初めて拝謁した日、隣国ビルマから貢物として王様に献上されたタプティムには、実は使者ルンタという恋人がおり、王様に隠れて密かに愛を育んでいた。アンナは、一夫多妻制が認められている王宮が理解できず、また心から愛した夫との思い出をこの若い恋人たちに重ね合わせ、2人の逢瀬の手助けをしていた。
ある日、イギリスの特使ラムゼイ卿が突然バンコクにやってくるとの知らせが届く。シャムを野蛮な国と見なし植民地化をするための視察ではと苦慮する王様に、アンナは西欧式の晩餐会で特使を歓迎し、シャムが近代的な国であるように見せようと提案する。アンナの提案にのった王様の命令で、国を挙げての準備が始まった。その結果、晩餐会は大いに盛り上がり、ラムゼイ卿一行はシャムの人々は野蛮ではない旨を報告するためイギリスへ帰って行った。
そんな中、タプティムがルンタと共に脱走を図ったことが判明し、晩餐会の成功を喜んでいた王様は急転直下、激昂する。タプティムは捕えられ、鞭打ちの刑を下す王様にアンナは怒りに震え衝撃的な言葉を投げつける。
ようやく分かり合えた二人に、別れの時がやってくる。

作品情報

ロンドン版『The King and I 王様と私』
TOHOシネマズ 日比谷&大阪ステーションシティシネマにて、2月22日(金)~24日(日)限定3日間独占プレミア上映!
※2018年8月 ロンドンのパラディウム劇場にておこなわれた公演の生中継映像を収録した作品

作曲:リチャード・ロジャース
脚本・作詞:オスカー・ハマースタインⅡ
演出:バートレット・シャー
配給:東宝東和

【出演】
王様:渡辺 謙
アンナ:ケリー・オハラ
チャン夫人:ルーシー・アン・マイルズ
クララホム首相:大沢たかお

©Matthew Murphy

オフィシャルサイト
https://king-and-i-movie.jp/

公演情報

「リンカーン・センターシアタープロダクション ミュージカル『王様と私』」
公演日程:7月~8月上旬


会場:東急シアターオーブ
作:オスカー・ハマースタインⅡ
作曲:リチャード・ロジャース
演出:バートレット・シャー
出演:渡辺 謙、ケリー・オハラ ほか
※日本公演での主演二人以外のキャストは現時点で未定。
企画・招聘:東急シアターオーブ
※チケット発売日未定。公演の詳細は東急シアターオーブオフィシャルサイトで随時発表される。

東急シアターオーブオフィシャルサイト
http://theatre-orb.com/