アカデミー賞2作品連続受賞の快挙なるか!? 映画『ビール・ストリートの恋人たち』B・ジェンキンス監督インタビュー映像解禁

アカデミー賞2作品連続受賞の快挙なるか!? 映画『ビール・ストリートの恋人たち』B・ジェンキンス監督インタビュー映像解禁

2月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開される映画『ビール・ストリートの恋人たち』。このたび、本作で2作品連続アカデミー賞受賞の期待がかかるバリー・ジェンキンス監督のインタビュー映像が解禁された。

1970年代、NYハーレムに生きる若い二人の愛と信念の物語を、圧倒的な映像美と叙情的な音楽で描き出した本作。1974年に出版された、作家ジェイムズ・ボールドウィンの同名小説が原作で、世界中を虜にした前作『ムーンライト』撮影以前より、ジェンキンス監督が長年、映画化を待ち望んでいたものだ。

インタビューでは、実は大学生の頃からボールドウィンのファンだったというジェンキンス監督が、「この原作の2つの表現に感銘を受けたんだ。ティッシュとファニーの間にあるロマンスや愛の描写とアメリカ社会への素直な批判だ」と原作の魅力を分析。さらに、今もなおアメリカで続く差別と、ボールドウィンの原作を重ね合わせながら、今だからこそ映画化を熱望した本心や、主人公のカップル、ティッシュとファニーを演じたキキ・レインとステファン・ジェームスのキャスティングなどについてコメントしている。

彼が生み出した新たな恋愛映画の金字塔は見事、本年度アカデミー賞において3部門のノミネートを果たし、喜びのコメントも到着! 今なお、世界中で続く人種差別問題を描きながらも、心震える極上のラブ・ストーリーを描き出し、前作からより進化した映像美とスケールアップした世界観で、注目を浴びる話題作の続報に期待したい。

【バリー・ジェンキンス監督 コメント】
尊敬する偉人たちの仲間入りができて本当に光栄です。その上、ジェイムズ・ボールドウィンの名前と功績を、アカデミーに残せたことに胸がいっぱいです。『ビール・ストリート』ファミリーを代表して、アカデミーに尽きない感謝を。再び私たちを、そしてボールドウィンを認めてくれてありがとう。

【STORY】
1970年代、ニューヨーク。幼い頃から共に育ち、強い絆で結ばれた19歳のティッシュと22歳の恋人ファニー。互いに運命の相手を見出し幸せな日々を送っていたある日、ファニーが無実の罪で逮捕されてしまう。二人の愛を守るため、彼女とその家族はファニーを助け出そうと奔走するが、様々な困難が待ち受けていた……。

作品情報

『ビール・ストリートの恋人たち』
2月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督・脚本:バリー・ジェンキンス 
原作:ジェイムズ・ボールドウィン「ビール・ストリートの恋人たち」(早川書房刊)
出演:キキ・レイン、ステファン・ジェームス、レジ―ナ・キング他
原題:If Beale Street Could Talk
日本語字幕:古田由紀子
提供:バップ、ロングライド 
配給:ロングライド 

©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

『ビール・ストリートの恋人たち』オフィシャルサイト
 longride.jp/bealestreet/