野村周平&桜井日奈子&宮沢氷魚らがバスケットボールの連続タップに挑戦!ドラマ『僕キミ』ファン必見の特別映像解禁

野村周平&桜井日奈子&宮沢氷魚らがバスケットボールの連続タップに挑戦!ドラマ『僕キミ』ファン必見の特別映像解禁

テレビ朝日系にて放送中の土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(毎週土曜よる11:15~)より特別映像が到着した。

20歳まで生きられない心臓の病を抱える高校生・垣野内逞(野村周平)と、すべてを知った上で彼を一途に愛する幼なじみの種田 繭(桜井日奈子)が、迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも必死で運命に抗う姿を描く、青木琴美の大人気コミックを初めて実写ドラマ化した本作。

この度到着した映像は、明日26(土)に放送される第2話の球技大会でのシーンの合間に、バスケットボールの「連続タップ」に、野村、桜井をはじめ、宮沢氷魚、佐藤寛太、岐洲 匠、富田健太郎の6人がチャレンジしたもの。最後に野村がシュートを決めると、スタッフやほかのキャストから大きな歓声があがっていた。

ドラマでは対戦相手となる1年B組勢(野村、桜井、佐藤)と3年A組勢(宮沢、岐洲、富田)。しかし、この時ばかりは6人全員で息の合った抜群のチームワークを発揮! ドラマ本編では見ることのできない映像は『僕キミ』ファン必見だ!

【第2話あらすじ】
律(佐藤寛太)の提案で、ギクシャクするくらいなら友達として仲良くするという道を選んだ逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)。二人は律や結子(矢作穂香)らと楽しい日々を過ごしつつも、“友達”という関係に複雑な思いを感じ始めていた。
そんな二人の微妙な関係を崩そうとする生徒会長・昂(宮沢氷魚)は、繭を“姫”と呼び、なんとか自分の方を振り向かせようと画策。昂と律の父親は、実は逞と同じ病気で亡くなっており、昂は、繭に自分と同じツライ経験をさせたくないという思いも抱えていたのだった。
数日後、球技大会の日―。心臓に負担をかけないように運動を制限されている逞は、監督役で参加をする事に…。男女混合のバスケットボールで、逞のクラス・1年B組は順調に勝ち進んでいたが、決勝の相手は昂がいる3年A組になってしまう。
対戦を前に、昂は繭に賭けをもちかける。「俺たちが勝ったら、姫のくちびるをいただく」と…。受けて立つ繭だが、逞は複雑な気持ちでその様子を見ていた。そして試合が始まり、3年A組のリードが続くなか、繭が足を痛めてしまう。
繭を連れて病院へ向かった逞は、自分と同じ病気で検査入院中の照(馬場ふみか)と、4年ぶりに再会するが…。

番組情報

『僕の初恋をキミに捧ぐ』
毎週土曜よる11:15~

原作:青木琴美『僕の初恋をキミに捧ぐ』(小学館・刊)
脚本:尾崎将也
演出:宝来忠昭、藤原知之
音楽:富貴晴美
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、森一季(MMJ)
制作:テレビ朝日/MMJ

キャスト:野村周平 桜井日奈子 宮沢氷魚 佐藤寛太 馬場ふみか 松井愛莉 矢作穂香 岐洲 匠 富田健太郎 福本莉子 是永 瞳
真飛 聖 児嶋一哉 石田ひかり 生瀬勝久 ほか

オフィシャルTwitter:@bokukimi2019

『僕の初恋をキミに捧ぐ』原作コミック