堤 真一×柳楽優弥×川栄李奈、映画『泣くな赤鬼』6月14日に公開決定! 追加キャストに麻生祐未&キムラ緑子&竜星 涼

堤 真一×柳楽優弥×川栄李奈、映画『泣くな赤鬼』6月14日に公開決定! 追加キャストに麻生祐未&キムラ緑子&竜星 涼

堤 真一、柳楽優弥、川栄李奈が出演する映画『泣くな赤鬼』の公開日が6月14日(金)に決定。併せて、追加キャストが発表された。

原作は、『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化され、教師と生徒の関係を描き続けてきたベストセラー作家・重松 清が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」。

今回追加キャストとして発表されたのは、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼の3名。麻生は、提演じる主人公・赤鬼先生こと小渕 隆の妻・小渕陽子役を、時に厳しく、時に優しく、夫を支える妻を見事な安定感で演じる。キムラは、柳楽演じるゴルゴの母・斎藤智美役。余命半年の息子を支える母親という難しい役どころを熱演する。そして、竜星はかつて城南工業でゴルゴと共に甲子園を目指した和田圭吾役に抜擢。かつてのライバル・ゴルゴとの再会と和解を感動的に表現する。

キャスト&キャラクター 
堤 真一(赤鬼先生/小渕 隆):教師。現・西高野球部監督、元・城南工業野球部監督。愛称は「赤鬼先生」
柳楽優弥(ゴルゴ/斎藤智之):赤鬼の元教え子。元・城南工業野球部員。野球部時代の愛称は「ゴルゴ」
川栄李奈(斎藤雪乃):ゴルゴの妻
麻生祐未(小渕陽子):赤鬼先生の妻
キムラ緑子(斎藤智美):ゴルゴの母
竜星 涼(和田圭吾):元・城南工業野球部員。ゴルゴのかつてのライバル。

【麻生祐未コメント】
兼重監督との撮影は、とても楽しく、幸せな時間になるので、是非参加したいと思いました。先生と生徒の物語ですが、親、子供、友人、指導者など様々な立場から、どう人と繋がっていくのか、普遍的なテーマですので、大切に演じたいと思い、撮影に臨みました。主人公、そして夫役の堤さんは、全員を受け止めてくれるような頼もしい方で、キレよく、面白く、時々可愛い赤鬼でした。愛に溢れる映画です。様々な人と出会い向き合っていくのは、時に難しいこともありますが、必ず何か方法があるはず、と感じさせてくれます。もしかしたらあの時、あの人は?と、思い出してしまうかも。周りの人に優しく接したくなるような作品です。是非公開を楽しみにして頂きたいです。

【キムラ緑子コメント】
初めてご一緒する監督でしたので緊張はありましたが、アイデアを自由に相談してくださったり、とても柔らかい気持ちで撮影に臨めました。監督のお人柄でとても良い雰囲気の現場でした。柳楽さん演じるゴルゴの母親役―お会いするのも初めてだったので、彼が息子なんだと、そのシチュエーションをイメージして、、、ただそれだけを大事に演じました。台詞を真っ直ぐにぶつけてくださり、とても繋がれたと感じています。公開をご期待ください。

【竜星 涼コメント】
まず脚本を読ませていただき、即この作品の一員になりたいと思いました。1番大事な青春時期、その時の思い出はどの時代より濃く残って大人になっていくのではないでしょうか。青春時代のやり残したこと、言いそびれた言葉、この作品を通して少しでも自分が表現できればと思いました。そして出来上がった映像を観て、改めてこの作品の持っている人間ドラマに感動し、この作品に参加できた事を誇りに思っています。公開を是非楽しみにしていてください

【STORY】
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導でかつては「赤鬼」と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、その夢は一度として叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築き、立派な大人に変貌していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。赤鬼はゴルゴのために、かつて彼が挑むはずだった甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する。10年という歳月を経て、それぞれの秘めた思いを胸に、ゴルゴにとって最後の試合が行われるのであった―。

作品情報

『泣くな赤鬼』
6月14日(金)全国公開
出演:堤 真一、柳楽優弥、川栄李奈
原作:重松 清『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
配給:KADOKAWA
© 2019「泣くな赤鬼」製作委員会

『せんせい。』原作