起こしても起きない彼への目覚めのキス。板野友美、新曲「すき。ということ」MVの再生回数が100万回突破

起こしても起きない彼への目覚めのキス。板野友美、新曲「すき。ということ」MVの再生回数が100万回突破

板野友美のニューシングル「すき。ということ」(2月13日(水)リリース)のミュージックビデオが、1月24日早朝に公開以降、「“胸キュン”するミュージックビデオ」とSNS上で話題になり、公開初日(ミュージックビデオ公開から24時間)にしてYouTube再生回数70万回を突破した。

また、数々のネットニュースでも取り上げられたことでその勢いは止まらず、2016年11月リリースの2ndアルバム表題曲「OMG」(読み:オーマイガー)のミュージックビデオで記録した公開4日での再生回数80万回を、今作は2日で突破。

自身の記録を更新したこの日、1月26日は、板野にとってソロデビュー8周年となる節目。11枚目シングルを発売できることの喜び、応援してくれたファンへの感謝の気持ちを彼女がSNSで発信すると、さらに再生回数が伸び、1月29日早朝、ついに再生回数100万回を突破した。

現在より過去1年間、YouTubeのキングレコードオフィシャルチャンネル内女性ソロアーティストにおいて、公開初日で再生回数70万回を突破した唯一の女性ソロアーティストとなる快挙だ。

本ミュージックビデオは、恋人と生活をしていく「日常」をシンプルに描いており、自身初のリップシーンのない、全編ドラマ仕立ての内容。相手役には若手注目俳優の塩野瑛久を迎え、ふたりの「間」や「空気感」や「表現力」を大事にするため、あえて台本にセリフはなく、監督自ら書き上げた物語・シチュエーションの設定のみで撮影が行われた。

板野は「ミュージックビデオでは、楽曲に合わせ、“恋する2人の日常”をテーマに、何気ない日常の幸せを表現しました。そんな世界観に共感して、何かを感じ取ってくれたらうれしいです」とコメント。さりげない仕草や表情で相手を想う気持ちから感じるその姿は、楽曲のタイトルの「すき。ということ」とは? を考えさせられる作品となった。

さらに、ミュージックビデオ内では、初となるキスシーンも見どころ。寝起きシーンから、起こしても起きない彼への朝のキス。ミュージックビデオ序盤からそのシーンはスタートする。恋人と生活していく“日常”で生まれる、今まであまり見ることのできなかった板野の自然な表情は、演じているのか、リアルなのか、境界線が見えないほど。全編通して「胸キュン」するシーンにも注目が集まる。

また、2月6日(水)より、「すき。ということ」の楽曲先行配信も開始される。

【板野友美 コメント】
・楽曲について
手が届きそうで届かない甘く切ない気持ち、胸がはちきれそうな思い、まるで少女漫画のワンシーンのような胸がキュンとする恋心。年齢、性別を問わず、誰しもが体験したことがあると思います。この楽曲を聴いてそんな気持ちに共感してもらえるとうれしいです。そして、そんな思いを忘れてしまった方も、ぜひ、もう一度淡い恋心を思い出してみてください…。

・ミュージックビデオについて
今回の作品では作詞をしたこともあり、私の中で具現化していく世界観もあったのですが、監督から、今回はお芝居仕立ての新しいMVを作ろうとご提案いただき、その台本を元に撮影に挑みました。MVでは、楽曲に合わせ、“恋する2人の日常”をテーマに、何気ない日常の幸せを表現しました。そんな世界観に共感して、何かを感じ取ってくれたらうれしいです。11枚目シングルにして、まだまだ、挑戦するべきこと、やりたいこと、様々な可能性を見ることができました。

リリース情報

2019.02.13 ON SALE
SINGLE「すき。ということ」

イベント情報

シングル発売記念イベント
02/16(土) 愛知・アスナル金山
02/17(日) 神奈川・トレッサ横浜
02/23(土) 東京・東京ドームシティラクーアガーデンステージ
02/24(日) 埼玉・大宮ステラタウン
03/02(土) 大阪・もりのみやキューズモールBASE
03/03(日) 広島・広島駅南口地下広場

イベントの詳細はこちら
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11496/

ライブ情報

板野友美ワンマンライブ 「板野友美 LIVE 2019」
06/01(土)東京・マイナビBLITZ赤坂


板野友美 オフィシャルサイト
http://tomomiitano.jp/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC