高橋一生&川口春奈、嘘は日常的についている!? 映画『九月の恋と出会うまで』幸せ祈願イベントで告白

高橋一生&川口春奈、嘘は日常的についている!? 映画『九月の恋と出会うまで』幸せ祈願イベントで告白

3月1日(金)に公開される映画『九月の恋と出会うまで』。本日1月30日(水)に東京・乃木神社にて、「『九月の恋と出会うまで』を見てくれた人の幸せを願い祈願イベント」が行われ、ダブル主演の高橋一生と川口春奈が登壇した。

今回が初共演だという2人。高橋は「川口さんは、すごいチャーミングな方だなと思いましたし、多くは語れませんがコミカルです(笑)」と印象を明かすと、川口も「高橋さんはとにかく優しい。その印象に関しては、お仕事する前とご一緒させていただいた後での違いはなくて、本当にそのままでした。なんか質問したりすると、すごい教えてくれたりとか、いつも相手してくだって、とてもいいお兄さんです。」と語った。

また、“大切な人のためにつく切ない嘘をつく”といったシーンがある本作にちなみ、これまでに大切な人についた嘘はあるかと質問されると、高橋は「嘘ついてばっかりだと思いますよ。嘘はつくときはつかないといけないかなと思ってます。」と驚きのコメント。MCがさらに探ってみると、「本当に日常的なこと。嫌なことも嫌だと言わないとか(笑)。嘘が大事な時もあるなぁと思ってます」と大人の嘘の必要を主張した。一方、川口は「些細なことはあるかもしれないです。ちょっとボケてきたおばあちゃんとかに、同じ話を何度もされてもいかに新鮮な気持ちでリアクションをしてあげるとか」と、川口らしい、かわいくて優しい嘘をついていることを告白した。

また、オリジナル絵馬に、高橋【出会った人たちが一人でも多く笑っていますように】、川口【縁】と願い事を書いた。川口は「ご縁を大切にしていきたい。こういうお仕事しているといろんなタイミングでいろんな方と出会うので、自分がそれに影響されて、どう生きていくかっていうのがとても大切だと思いましたので、改めて今年はご縁・出会いを大切にしていきたいなと思います」とコメントした。

【STORY】
風変わりなマンションに引っ越した北村志織(川口春奈)。隣の部屋にはちょっと不思議な雰囲気をまとった小説家志望の男・平野進(高橋一生)が住んでいた。ある夜、志織は部屋の壁から「1年後の未来にいる」と言う男の声に話しかけられ、平野の尾行を頼まれるのだが、ある事件が起こり――。その日を境に聞こえなくなった声の謎を解くため、平野と一緒に行動を共にするうちに、2人はお互いに惹かれあっていく。

作品情報

映画『九月の恋と出会うまで』
2019年3月1日(金) 全国ロードショー


主演:高橋一生 川口春奈 浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
原作:松尾由美『九月の恋と出会うまで』双葉文庫
監督:山本透(『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』『わたしに××しなさい!』)
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kugatsunokoimovie/

(C)松尾由美/双葉社 (C)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

九月の恋と出会うまで』原作