『神風怪盗ジャンヌ』作者・種村有菜が描き下ろし! 登坂広臣×中条あやみ W主演映画『雪の華』オリジナルビジュアル解禁

『神風怪盗ジャンヌ』作者・種村有菜が描き下ろし! 登坂広臣×中条あやみ W主演映画『雪の華』オリジナルビジュアル解禁

『神風怪盗ジャンヌ』の作者として有名な種村有菜が、2月1日(金)に公開される、登坂広臣と中条あやみW主演映画『雪の華』からインスパイアを受けて描き下ろしたオリジナルビジュアルが解禁された。

本作は、今年発売から15周年を迎える冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」を、新鋭・橋本光二郎監督と、数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和の脚本で映画化したもの。登坂が、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだがまっすぐな青年・綿引悠輔、中条は幼い頃から病弱で、余命宣告を受けながらも憧れの地・フィンランドに行くことを夢見る平井美雪を演じる。

『神風怪盗ジャンヌ』は、単行本が500万部以上の売上を記録、発表から20年以上経った現在でも乙女の永遠のバイブルとしてコミック、アニメの両作が世界的人気の作品。種村は、「愛に形があるなら、こんなふうなのだろうと、2人を見て抱いた想いをそのまま描きました。素敵な物語をありがとうございました」と、本作を見た時の感動の勢いのままに、楽曲「雪の華」の世界観と悠輔と美雪の最後の恋を、舞い落ちる雪の華と共に淡く切ない繊細なタッチで表現している。

また種村は本作を鑑賞し「とても感動しました。美雪ちゃんは病気を患っている自分の気持ちを決して口にはしないのですが、けなげな想いがものすごく伝わってきました。フィンランドの美しさと透き通るような恋心、最後まで素晴らしいです、お気に入りのシーンがたくさんできました」と、フィンランドの息をのむほど美しい雪景色と美雪の悠輔を想う健気な恋心に共感し、絶賛のコメントも贈った。

【STORY】

「神様、どうか一度だけ、私に恋をください」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
———幼いころから病気のために、幸せになることをあきらめてきた美雪。余命を宣告された彼女の唯一の目標は<約束の地>フィンランドでオーロラを見ることだった。ある日、美雪はひったくりにあい、声も出ずその場でへたり込んでしまう。そんな彼女の前に現れたのは、ガラス工芸家をめざす青年・悠輔だった。「声出してけよ!声!」まっすぐな彼の言葉は、凍りきっていた彼女の心をじんわりと溶かしていく。悠輔の働く店が危機になっていると知った美雪は「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月間、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

作品情報

『雪の華』
2月1日(金)全国ロードショー

出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一

監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会
©池田理代子プロダクション

『雪の華』オフィシャルサイト 
http://yukinohana-movie.jp