ドラマ『MAGI-天正遣欧少年使節-』より、緒形 敦に焦点を当てた本編&キャストコメント映像が解禁

ドラマ『MAGI-天正遣欧少年使節-』より、緒形 敦に焦点を当てた本編&キャストコメント映像が解禁

1月17日(木)よりAmazon Prime Videoにて配信される、4K歴史エンターテイメントドラマ『MAGI-天正遣欧少年使節-』の第4弾となる本編映像と、キャストコメントが入った特別映像が公開された。

本作は、映像化不可能と言われた16世紀の日本人少年冒険記。時は戦国時代。世界遺産として残る歴史的な場所を舞台に壮大なスケールで描く歴史物語をすべて4Kで制作、長期間の海外ロケを敢行し、次世代グローバル基準のハイクオリティ映像で作り上げた。脚本は、日本を代表する脚本家・鎌田敏夫。メガホンをとったのは、『闇打つ心臓』『西の魔女が死んだ』『少女たちのたちの羅針盤』など国際的に評価の高い監督・長崎俊一。さらに『世界遺産』を手がけてきたTBSビジョンがプロデュースしている。

物語に登場するのは、信長、秀吉。そして、グレゴリオ暦に改暦したローマ法王グレゴリウス十三世、太陽の沈まぬ王国スペインの王フィリペ二世など、激動の時代に名を残す歴史的な人物ばかり。そんな中、容姿も美しく、品格のある領主の血縁者から選ばれたとイエズス会記録に残る4人の少年たち。伊東マンショ、中浦ジュリアン、原マルティノ、千々石ミゲル。彼らの8年におよぶ過酷な旅路、堂々と法王謁見を成し遂げた彼等は、何を思い、何を見たのか――。

今回解禁された本編映像第4弾は、そんな4人の少年のひとり・千々石ミゲル役の緒形 敦バージョン。収録された本編は、船旅の途中にミゲルが出会う奴隷たちとのワンシーンとなっている。

このシーンは、4人の少年使節の中で最も正義感が強いミゲルが、キリストの教えに矛盾を感じたきっかけとなったのだが、果たしてミゲルは、ローマ法王に謁見を果たした時、何を質問するのか? 彼がこの過酷な旅で感じたことは、何だったのか?

史実でミゲルは帰国後、イエズス会を脱退したとされている。

【STORY】
時は戦国時代。イエズス会のアジア布教の巡察使ヴァリニャーノが長崎にやってくる。ザビエルがキリスト教を伝来して以来、九州を中心に信者を増やしてきたイエズス会。ヴァリニャーノは、布教を一気に進めるためにある秘策を思いつく。それは、日本各地に神学校セミナリオを作り、そこで学んだ優秀な少年たちをヴァチカンに連れて行きローマ法王に謁見させる。聖書に記された物語、イエス誕生の時に東方より贈り物を持って駆けつけた三人の賢者=MAGIの伝説を現実とする事で、ヴァチカンから多額の資金援助を引き出し、日本をキリスト教国にするというものだった。そこで選ばれた4人の少年たち。教会に拾われ下人として働いていた伊東マンショ、気弱だが心優しいジュリアン、セミナリオ一の秀才マルティノ、領主の次男坊、武士の子ミゲル。4人の少年たちは、織田信長に謁見し、「旅に出よ。海の向こう、見知らぬ国に行って参れ」という命を受け、長崎を旅立つ。旅には反ヴァリニャーノ派のメスキータ神父、日本人とポルトガル人の混血の下働きドラードが加わり、5人はヨーロッパへと向かう。見知らぬ外国での幾度もの苦難を乗り越え、果たして彼らは無事にローマ法王に謁見することができるのか?!彼らが求める疑問「イエスの愛とは何か。自分を信じて真っ直ぐに生きるとはどういうことか。」に答えはあるのか?!更に、8年の月日を費やした旅の果てに彼らを待ち受けていたものは、あまりにも過酷な運命だった――。

配信情報

『MAGI–天正遣欧少年使節-』
2019年1月17日(月)より180以上の国と地域で全10話世界同時配信
出演:野村周平、森永悠希、井之脇 海、緒形 敦、佐野 岳、エリック・ボシック、ボブ・ワーリー、緒形直人/吉川晃司   
原案:若桑みどり著『クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国』(集英社文庫刊)
脚本:鎌田敏夫
音楽:大友良英
監督:長崎俊一
制作協力:クロスメディア
制作著作:TBSビジョン
配信:Amazon Prime Video
オフィシャルサイトwww.magi-boys.com